ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

TIFF 『天女プー・チュク・ソー』

TIFF 第25回 東京国際映画祭
アジアの風-ディスカバー亜州電影
~伝説のホラー&ファンタ王国カンボジア

招待チケットを頂いたので
『天女プー・チュク・ソー』を鑑賞して、
上映後に舞台挨拶とティ・リム・クン監督への
Q&Aつきにも参加。

121_20130108172738.jpg

1967年に製作された作品を
今回デジタル化をしての初上映。
スクリーンに映し出された画質に年代を感じる。

ストーリーは超ド級な貧乏青年(チア・ユットゥン)の前に
突然、天から天女(ディ・サヴェット)が
舞い降りて二人は恋に落ちる。
あまりにも貧乏すぎる青年を見かねた天女が
青年がいない間にこっそり魔法で
豪華な料理や素敵な上着に換え青年を喜ばす姿は
可愛すぎて、ほのぼのとして心が温まる。
もちろん!撮影時にはCGがなかったので
魔法もアナログ!!なんかヒモが見えちゃってますがー
みたいなノリで観客席からもクスクスと笑いが。。
現代では手薄すぎて笑ってしまいますが、、
意外と新鮮だったりしました。
天女と青年役の俳優さんは
当時のトップスターだったそうです。

121_2.jpg


古典的な恋愛劇なのだけれど、
あとからティ・リム・クン監督の舞台挨拶で
当時のポルポト制圧による
苦難の話を思い出すと考え深く胸が熱くなる。
監督は映画フィルムを守るために戦火の中
国外へ脱出。映画製作に協力的だった
昨年亡くなったシアヌーク国王への
オマージュ作品と言ってました。
舞台挨拶の時はコーディネーターで監督の実娘さんと
奥様もご一緒で仲良いファミリーでした。


普段、日本では観ることができないジャンルや
他国の映画を鑑賞できるのがTIFFの良いところですね。
固定観念に刷り込まれた映画観に
新しい風が新鮮で爽やかに流れてきました。


121_1.jpg
原題:Peov Chouk Sor [ Peov Chouk Sor ]

監督・脚本・編集:ティ・リム・クゥン
出演: チア・ユットゥン、ディ・サヴェット、モンドリン


2012.10.28 @TOHOシネマズ六本木/TIFF(六本木ヒルズ)











にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

【 2012/10/28 18:37 】

カンボジア映画  | コメント(0)  |

TIF F『動物園からのポストカード』

TIFF 第25回東京国際映画祭の招待状をいただき
アジアの風部門
『動物園からのポストカード』を鑑賞してきました。

上映後に“インドネシア・エクスプレス3人シネアスト”
というインドネシアを代表する映画監督3人による
シンポジウムにも参加。

MG_0883.jpg
※写真はTIFFさんからお借りしました


登壇されたのは
ガリン・ヌグロホ監督『鏡は嘘をつかない』
リリ・リザ監督『虹の兵士たち』
エドウィン監督『動物園からのポストカード』

司会は坂健治プログラミング・ディレクター


アジア映画というと韓国や台湾映画は
何度も観たことがあるのですが、
今回、初めてインドネシア映画を鑑賞。

111_1 - コピー


『動物園からのポストカード』は、
動物園に置き去りにされてしまった
ラナ(ラディア・シェリル)が動物園で飼育係をして
動物たちと心を通わしながら、
園内の大道芸人の手品師に恋してしまう。
このまま恋バナが進むのかと思いきや
インドネシアでの格差社会を風刺したような、
ラナにも生活危機感の描写。
女性が生活していくためにお金を得る
手っ取り早い職業へと。。

111_2.jpg


ファンタジーとリアルが交錯。
カラフルな映像から亜熱帯の熱を感じ
不思議な世界観へと誘われていった。

シンポジウムでエドウィン監督は
東京に着いてすぐに上野動物園へ行き
閉園まで動物観察をしていたとお話していました。
動物が好きなのですね。



111 - コピー
原題:Kebun Binatang

監督、脚本:エドウィン
出演:ラディア・シェリル、ニコラス・サプトラ、
アジェ・ヌール・アフマッド、クラリサ・アウレリア・ラディティヤ




2012.10.24 @TOHOシネマズ六本木/TIFF(六本木ヒルズ)











にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

【 2012/10/24 20:31 】

インドネシア  | コメント(0)  |

『リンカーン/秘密の書』3D試写会

東京独女スタイルさんに
ご招待をしていただきまして

『リンカーン/秘密の書』
試写会に参加してきました。

r2

秋葉原のUDXシアターにて3Dで鑑賞。
このシアターとても音響がよいですね。
そして、とても綺麗

この映画のTVCMでは、
リンカーンが民衆に向かって
演説をしているシーンが印象的。
なので「エイブラハム・リンカーン」の
史実ストーリーなのかと思っていたら、
3Dメガネをかけ、スクリーンから
心臓に響く爆音とともに飛び出してくる
ヴァンパイアにビクビク

あ!そうだ、この作品の製作は
ティム・バートンだったのである
「うっ!」「ぅわああっぁあ~」と、
周りの方に迷惑をかけないように
心の中で叫びました。はぁ、、怖い
想定外の驚き~~

そうです。
原題は『VAMPIRE HUNTER』と
ちゃんと書いてあった。。
そしてアクション・エンタテイメントと。

sub1_large (2)


記憶の中にある母の死。
少年エイブラハム・リンカーン(以下:エイブ)
(ベンジャミン・ウォーカー)少年の
幼心に焼きついたのは母を殺したヴァンパイア。

エイブを取り巻くキャストが個性的。
濃厚イケメンでミステリアスな存在ヘンリー。
『デビルズ・ダブル』で独裁者サダム・フセインの
息子を演じたドミニク・クーパーが演じてます。
ヘンリーは何千年も生き延びているヴァンパイア。
ってことは、エイブの敵!?それとも。。
インパクトのある顔が演技に拍車をかけています。

エイブの幼なじみウィル役のアンソニー・マッキー。
紳士的にエイブの秘書的役をこなしているのが
クールでカッコイイ

エイブの母を殺したヴァンパイア
ジャック・バーツ(マートン・ソーカス)と
ヴァンパイアのボス・アダム
(ルーファス・シーウェル)は奴隷たちを売買して
自分たちの食糧や資金稼ぎにしている。

sub3_large (2)

リンカーン大統領について少しネットで調べてみると、
祖父はインディアンに殺害されていて、
リンカーンの両親は開拓農民。
この映画のストーリーとなるエイブが
ヴァンパイアを斧(=農耕)で撃退していく様、
ヴァンパイアVSリンカーンの戦い→南北戦争。
史実からのインスパイアがチラホラ散りばめられています。
エイブが弁護士への道を学ぶ堅実さは、
偉大な奴隷解放者”や
アメリカ歴代大統領の中でも最も偉大”と称される
賛辞に現れていますね。

sub2_large (2)


南北戦争終戦後のゲティスバーグでの演説。


government of the people,

by the people,

for the people,

shall not perish from the earth.



人民の、

人民による、

人民のための政治を

地上から絶滅させない


rsub4_large_20121030171914.jpg

そして、
男臭い壮大なアクションバトルのオアシス。
エイブの妻メアリー
(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)
見た目の美しさだけでは
大統領夫人にはなれないと思わせる
強かさが魅力的

本物のリンカーン大統領は背が193cm!!
リンカーンが晩年になるほどに
リンカーンと似てくる
ベンジャミン・ウォーカー。



11月1日(木)ロードショー
ri.jpg
原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter

監督:ティムール・ベクマンベトフ
製作:ティム・バートン ティムール・ベクマンベトフ ジム・レムリー
製作総指揮:ミシェル・ウォーコフ

出演:ベンジャミン・ウォーカー
 ドミニク・クーパー アンソニー・マッキー
 メアリー・エリザベス・ウィンステッド
 ルーファス・シーウェル

配給:20世紀フォックス映画 製作国:アメリカ/2012年


2012.10.23 3D試写会(東京独女スタイル)
@秋葉原UDXシアター









にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/10/23 23:49 】

アメリカ映画  |

TIFF『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶つき

TIFF 第25回 東京国際映画祭
特別招待作品
『マリーアントワネットに別れをつげて』
舞台挨拶つき

チケットを頂いたので参加してきました。
上映前にブノワ・ジャコー監督、
レア・セドゥが登壇。
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
『ミッドナイト・イン・パリ』に出演してますね。

121022_marry_main.jpg
※写真はcinemacafe.netさんからお借りしました。

レアさん、ショートカットなので
映画の雰囲気と違ってビックリ。
映画の中では、もっと幼い顔立ちだったので。。
ブノワ監督はフランス語でジョークも交えて
難しい!?単語にフランス語の通訳さんも苦戦。
レアさんは日本がお気に入りのようで、
東京を散歩したいようなことを言ってました。

160553_1.jpg

私の中で興味深い史実No.1は
ブルボン王朝&フランス革命。
マリー・アントワネットや
周辺の人々の生活や政権。
調べ始めたらキリがなく、
知れば知るほど奥が深い。
都内で開催された同名の展覧会は
ほとんど足を運んでいると思う。。

今まで私が知らなかった、
ベルサイユ宮殿内でマリー・アントワネット
(ダイアン・クルーガー)に使える
朗読係の少女シドニー(レア・セドゥ)という人物。
王妃にもっとも近く、傍に寄り添う女性であり、
王妃の人柄すべて知る人。

160553_2.jpg

朗読係りの仕事は、
その日の王妃の気分を伺い、図書館から本を選び朗読。
劇中、身寄りのない少女シドニーの顔がすごく可愛くって!!
すっかりレア・セドゥのファン

この映画のストーリーは、シドニーの目を通して
かい間見れる秘密裏なベルサイユ宮殿の内部事情。
今もなお、人々を魅了させる“マリー・アントワネット”が
ルイ16世と結婚したのは14歳の時。
宮殿のパーティーでは華やかな容姿で輝いていますが
部屋では意外な一面もあり、、

160553_3.jpg

映画の撮影は本物のベルサイユ宮殿にて撮影。
絢爛豪華な宮殿と王妃たちの衣装や宝飾品。
まばゆいばかりの輝かしさが、後に
王妃の首を切ることになるのは誰もが知る史実。

そして、フランス革命と王妃の伝説で忘れてはならない、
もう一人のキーウーマンは、
ポリニャック伯爵夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)
映画のストーリーには、
おどろく結末が待っているのです。

160553_4.jpg


Love festered and it became a nun.

寵愛こうじて尼となす


人が人に下す言葉や態度は、
時にやさしく、時に残酷


愛する人を守るためには
手段を選ばない


盲愛(妄想する愛ともいう?)の
たどり着く先に
真実の愛が待っているのだろうか。。




12月15日(土)ロードショー
m1
監督:ブノワ・ジャコー 脚本:ジル・トーラン 
原作:ジャンタル・トマ「王妃に別れをつげて」

出演:レア・セドゥー ダイアン・クルーガー
ヴィルジニー・ルドワイヤン

配給:ギャガ 製作国:フランス、スペイン/2012年

2012.10.22 TIFF招待(GAGA)
@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
























にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/10/22 23:49 】

フランス映画  |

『ロシアより愛をこめて』007製作50周年記念イベント

「DVD&ブルーレイでーた」誌創刊25周年
×
「007」製作50周年記念ブルーレイBOX
発売記念イベントに参加してきました。


002j

開映前に007マニアな細川茂樹さんの
トークショーがありました。司会は伊藤さとりさん。
細川さんはボンドカーアストンマーチンV8を所有していた話や
ボンドアイテムのオメガの時計やボンドの着ている
イタリア老舗「ブリオーニ」など、
語りだしたらキリがないご様子でした。

200611b01.jpg

20世紀フォックスホームエンターテイメントさんのHPで
歴代ボンドガールの中からNo1をネット投票で決める
“ボンドガール総選挙”を開催。
みごと1位になったタチアナ・ロマノヴァ
(ダニエラ・ビアンキ)が出演した
『ロシアより愛をこめて』が上映されました。
ちなみに2位はエヴァ・グリーン(カジノ・ロワイヤル)、
3位は浜三枝(007は2度死ぬ)でした。

frwl4.jpg


『ロシアより愛をこめて』
母が映画好きだったので、
幼い頃、テレビで放送していたのを
観たような記憶が、あるような、ないような。。
あ!製作年の1963年には
私は生まれてないですよ~~

20090416_350204.jpg

ジェームズ・ボンドはショーン・コネリー。
この頃はお顔がシャープですね。
007と言えば、秘密兵器。
ローライフレックスのカメラが
なんと録音デッキだったり。

imagesCAFAI1ZS.jpg

アタッシュケースには催涙スプレーや
ナイフなどの仕掛けがあったりと。。
ボンドはどう使うのか観ているとワクワク。
007の初期作品のボンドガールは
コケティッシュ&キュートさでボンドを翻弄させ、
近年のボンドガールは悪女感がありミステリアス。
年代や作品によってボンドVSボンドガールの
絡みが変化するのを見比べるのも面白いですね。

007_russiayoriaiokomete.jpg

ストーリーはオリエント急行の列車内を舞台に、
イギリス亡命を望むソ連諜報部の
タチアナ(ダニエラ・ビアンキ)が、
ジェームス・ボンドと組んで(ショーン・コネリー)
暗号機レクターを持ち帰えろうとするが、
そこには刺客(ロバート・ショウ)が待ち構えていた。。

img_1193958_35582242_2.jpg

最上級にカッコイイと思うのは、
オープニングクレジット。
女性の体の曲線に合わせてクレジットを体へ投影。
多様に変化する文字が呼吸しているみたいで、
なんだか妖艶で大人なイントロダクション。

007s-fr16.jpg

近年、急速に映像のクリエイティブな技術、
VFXなどは発展しましたが、機械的なもの意外に
今観ると、いかにも合成!?で「えー」と思える映像も
映画の歴史を知るきっかけになりますよね。
モノがない時代だからこそ、発想や想像力という、
人間の持つ知力の集大成ではないかなぁ、、なんて思いました。
出演・製作者たちの作品(007)へのスピリッツを感じます。

img_1232996_54923409_0.jpg

歴代ボンドたちが語る「ボンド」についての
インタビューも興味深いものがありました。
それぞれの想いがあるのですよね。

マット・モンローが歌う
『ロシアより愛をこめて』
ステキ過ぎです


007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX 10/19発売
(以下amazonより仕様内容を転記させて頂きました)

61WY3qMjlSL.jpg

出演: ショーン・コネリー, ジョージ・レーゼンビー, ロジャー・ムーア,
ティモシー・ダルトン, ピアース・ブロスナン
形式: Color, DTS Stereo, Dubbed, Limited Edition, Widescreen
言語 英語, 日本語
字幕: 日本語, 英語
リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
ディスク枚数: 23
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
時間: 2757 分


<商品仕様>
●製作50周年を記念して初ブルーレイ化9作品を含む全22作品を完全収録!
(本編22枚+ボーナスディスク1枚の23枚組)
●最新作『007 スカイフォール』のディスクが収納できるスペース付!
●歴代のジェームズ・ボンド、歴代のボンド・ガール、歴代のボンドカーの魅力に迫る!
未公開映像を含む約122時間に及ぶ映像特典を収録!
●ブルーレイBOXにしか収録されない豪華特典ディスクで007の世界を体感!
■007コレクション
―007シリーズを語るうえで欠かせない6つのキーワードに沿って、ボンド映画に登場したさまざまなシーンが集められたビデオクリップ。
■歴代のボンドたち
―これまでジェームズ・ボンドを演じてきた6人の俳優たちが、ボンドのキャラクターやそれぞれの役作り、撮影時のエピソードなどについて語る貴重なコメント集。
■デザイニング007:50周年記念展示会
―これまで映画のなかで登場したセットデザインのミニチュアモデル、劇中で実際に使用された衣装、小道具や秘密兵器に至るまで、007シリーズにまつわる貴重な秘蔵品が集められた大規模な展示イベント。
■『007 スカイフォール』ビデオブログ集
―007シリーズ最新作「007/スカイフォール」の劇場公開に先駆けて、オフィシャルサイトで公開されてきたビデオブログの総集編。
●ファン垂涎! 初回限定生産の豪華ブックレット収納BOX付!

<収録作品>
1. 『ドクター・ノオ』
2. 『ロシアより愛をこめて』
3. 『ゴールドフィンガー』
4. 『サンダーボール作戦』
5. 『007は二度死ぬ』 ※初ブルーレイ化
6. 『女王陛下の007』 ※初ブルーレイ化
7. 『ダイヤモンドは永遠に』 ※初ブルーレイ化
8. 『死ぬのは奴らだ』
9. 『黄金銃を持つ男』
10. 『私を愛したスパイ』 ※初ブルーレイ化
11. 『ムーンレイカー』
12. 『ユア・アイズ・オンリー』
13. 『オクトパシー』 ※初ブルーレイ化
14. 『美しき獲物たち』 ※初ブルーレイ化
15. 『リビング・デイライツ』 ※初ブルーレイ化
16. 『消されたライセンス』
17. 『ゴールデンアイ』 ※初ブルーレイ化
18. 『トゥモロー・ネバー・ダイ』 ※初ブルーレイ化
19. 『ワールド・イズ・ノット・イナフ』
20. 『ダイ・アナザー・デイ』
21. 『007 カジノ・ロワイヤル』
22. 『007/慰めの報酬』
23. ボーナスディスク
※限定品につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。

<ボーナスディスク 収録特典>
●007コレクション
・オープニング・タイトル
・秘密兵器
・敵
・ボンド・ガール
・ロケ地
・モーター・アクション
●歴代のボンドたち
●デザイニング007: 50周年記念展示会
●『007 スカイフォール』ビデオブログ集
・記者会見
・監督:サム・メンデス
・ボンド・ガール:ナオミ・ハリス
・ボンド・ガール:ベレニス・マーロウ
・上海ロケ最新レポート
・撮影の舞台裏
・ボンドのアクション・スーツ





 2012.10.19
「DVD&ブルーレイでーた」誌創刊25周年
× 「007」製作50周年記念ブルーレイBOX 発売記念イベント
@TOHOシネマズ六本木ヒルズ(20世紀フォックスホームエンターテイメント)














にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2012/10/19 23:37 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。