ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ウィンターソング

ウィンター・ソングウィンター・ソング
(2007/04/20)
金城武、ジョウ・シュン 他

商品詳細を見る


原題:PERHAPS LOVE

監督:陳可辛 制作:アンドレ・モーガン

出演:金城武、周迅、
    張学友(ジャッキー・チュン)、チ・ジニ

配給:角川ヘラルド  2006年/香港

** 感想 **

ナビゲーター“天使”役の韓国俳優チ・ジニのセリフが耳に残る。
「人はみな映画の主役。たいていは脇役で
出演シーンをカットされることもある。
僕はそれを必要になった時に取り戻してあげるんだ。」
久しぶりにスクリーンで観る金城くんは艶のある男性に変貌。
ジェントンという役柄を男の女々しさや情けなさが見え隠れするも、
ひたむきに1人の女性を愛する純粋さを上手く演じていた。
スンナーを愛する監督役のジャッキー・チュンは
中年男性のゆとりと広い懐のある男性を演じて、
金城くんとは対照的な男性像を楽しませてくれました。
ミュージカルシーンでは金城&ジャッキーの歌も見もの。
それぞれのキャラクターに合ったハリのある声なんですよね。

この映画のテーマのように
失われない
色褪せない

永遠の愛は本当にあるのでしょうか・・・?

 2006.11.30 @TOHOシネマズ川崎


** STORY **

10年前の北京、映画監督を目指すジェントン(金城)と
歌手を夢見るスンナー(周迅)が恋に落ちる。
しかし、夢を実現させるために雪の日に別れる。
10年後...
Read more>>
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/11/30 10:00 】

香港映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。