ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ローマ法王の休日

疲れたら休め
彼らもそんなに遠くまで行くまい


r1.jpg


映画『ローマ法王の休日』
試写会に参加してきました。


ワタシが生まれて初めて
訪れた海外はイタリア。
そして、
初めて足を踏み入れた土地は
ヴァチカン。

静謐で美しい
聖ペドロ広場や
システィーナ礼拝堂の
思い出の記憶は
いまでも鮮明。

r6.jpg


世界最小国であるヴァチカンの
トップはローマ教皇。
ローマ法王が崩御すると
コンクラーヴェと言われる
法王選挙により新法王を選出。

この映画は、不本意ながらも
新しい法王に選ばれてしまった
メルヴィル(ミッシェル・ピッコリ)の
ぶっちゃけな本音と逃避のお話。

誰にでも経験ありませんか?
学校の係りや代表決めで
誰も立候補しなくて
ジャンケンで決める時のドッキドキ感!
それが、
市民を導く指導者である
トップの座“法王”を
勝手に決められてしまったら。。
その焦燥感も比類なきことでしょう。

r4.jpg


「他人の不幸は蜜の味」と言いますが、
メルヴィルの苦悩ぶりはどこか微笑ましく、
“法王”に選ばれなかったラッキーな
各国の(おじいちゃん)枢機卿たちの振る舞いや
王を取り巻く側近の方々を観ていると
心が和んできます。
真面目で堅気な仕事が余計に
笑いを誘っているような。。

社会組織にいる大人たちの本音・本心は
なかなか表に出ないので(特に日本人)
映画の舞台のイタリアーノは陽気で
ちょっと羨ましかったり、、

r5.jpg


お偉いさんも、そうでない普通の人も
疲れたら休むのが一番なのでしょう。。

一歩後ろに下がって
自分の背中を暫し見つめ直しても
永い人生の中では、ほんの僅か。

一生懸命すぎて
空回り!なんてことも
良くあることです。

少しだけ立ち止まったとしても、
求めていることや周りにいる人たちは、
足早に逃げてしまうことは
ないのかも知れません。



7月21日(土)ロードショー
img032.jpg

原題:Habemus Papam


監督:ナンニ・モレッティ

製作:ナンニ・モレッティ ドメニコ・プロカッチ
脚本:ナンニ・モレッティ フランチェスコ・ピッコロ
   フェデリカ・ポントレモーリ

出演:ミシェル・ピッコリ ナンニ・モレッティ
   イエルジー・スチュエル レナート・スカルパ
   マルゲリータ・ブイ


配給:ギャガ 製作国:イタリア・フランス合作 / 2011年



2012.7.10 試写会(ぴあ) @シネマート六本木






















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/07/11 22:13 】

イタリア映画  |

ミルコのひかり

img069.jpg


監督・脚本・プロデューサー:クリスティアーノ・ボルトー

出演:ルカ・カブリオッティ、バオロ・サッサネリ、マルコ・コッチ

配給:シネカノン 2005年/イタリア

★2006年サン・パウロ国際映画祭観客賞受賞
★2007年モントリオール国際児童映画祭グランプリ受賞

** 感想 **

イタリア映画のサウンド・デザイナーとして
一線で活躍するミルコ・メンカッチの実話。
ミルコ役を演じたルカがとっても愛くるしい!
彼がジョージ・クルーニに似ていると思うのは
私だけかな。。
ミルコと同じ盲学校の親友フェリーチェ役の
男の子は本当に目が見えないけれど
子役とは言えないくらいの貫禄ある?演技力。
ミルコを温かく見守る盲学校の教師
ジュリオ神父役のバオロ・サッサネリは
この映画の脚本を手がけているのですよね。

ミルコがテープレコーダーに自分の声を録音するシーン。
昔、私も友達と一緒にラジカセに声や歌を録音して
自分の声がこんな変な声なのか!!と驚いた
懐かしい幼い頃を思い出しました。

イタリアの陽気な大地の香りがする映像と感動のストーリー。
古くは「ひまわり」、近年では「ニュー・シネマ・パラダイス」で
イタリア映画に魅了した、あの感動が蘇ってきます。

日常生活にちょっぴり、お疲れ気味な方は
純粋無垢な少年・少女たちのキラキラと輝く
宝石のような瞳できっと癒されます。

オフィシャルサイト
http://mirco-hikari.com/

 2007.9.2 @TOKYO FMホール  試写会

** STORY **

イタリア・トスカーナの田園に住む10歳のミルコ少年。
ある日、自宅で不慮の事故により両目の視力を失ってしまう。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/09/02 19:00 】

イタリア映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。