ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

武士の一分

武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付)武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付)
(2007/06/01)
木村拓哉、檀れい 他

商品詳細を見る


トラックバック 0 / コメント 0

監督:山田洋次 原作:藤沢周平

出演:木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林稔侍
    緒形拳、桃井かおり、 坂東三津五郎

配給:松竹 2006年/日本

** 感想 **

時代劇が苦手だから・・・
アイドルSMAPの木村拓哉でしょう・・
と色眼鏡をかけて見逃してしまうには勿体ない作品。
赤の他人のために命をかける「毒見役」。
現代にはない職業に侍スピリットを感じる。
淡々とした日常の中に相手を思いやる強かな心。
貧しい時代背景から生まれる美徳と夫婦愛。
山田洋次監督の描く「人情=一分」は
飽食の時代に生まれた私たちが
「大切に思う気持ち」や「思いやり」を学べる
作品なのではないでしょうか。
所々、ちょっとした笑いの要素が含まれているのも
親近感が沸いてくる作品ですね。

「ともに死するをもって、心となす。

 勝ちはそのなかにあり。

 必死すなわち生くるなり。」

この言葉はとても印象的です。

 2006.12.30 @ワーナーマイカル新百合ヶ丘

** STORY **

海坂藩の下級武士、三村新之丞(木村拓哉)は
愛妻、加世(壇れい)と父の代から生活を仕える
中間・徳兵(笹野高史)と穏やかな暮らしを送っていた。
しかし...
Read more>>
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/12/30 15:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
(2007/06/22)
ポール・マクギガン

商品詳細を見る


原題:LUCKY NUMBER SLEVIN

監督:ポール・マクギガン

出演:ジョシュ・ハートネット、ボーガン・フリーマン
    ルーシー・リュー、ブルース・ウィルス

配給:アートポート  2006年/アメリカ

** 感想 **

殴り合い、銃撃戦の激しいクライム・サスペンス!
次から次へと目まぐるしい暴力シーン。
痛々しくて思わず目を覆いたくなってしまう。。
謎の人物グッド・キャット演じるブルース・ウィルスの
今まで見たことのない殺傷力のある目力と風貌、
モーガン・フリーマンが演じる品格あるボス。
クールなのかユーモラスなのか不思議な魅力を
醸し出しているジョシュ・ハートネット。
1970年代の洗練されたN.Y.を舞台にした
豪華キャストと意外なストーリーの終末が
見所の映画ですね~

 2006.12.27 @一ッ橋ホール(試写会)

** STORY **

不運続きの青年スレヴン(ジョシュ・ハートネット)は
空港ロビーに現れた車椅子の男
グッド・キャット(ブルース・ウィルス)が語る
「幸運のナンバー7」にまつわる陰謀を耳にする。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/12/27 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

007 カジノ・ロワイヤル

今まで一度も描かれたことのない、
見たことのなかったジェームス・ボンドの誕生秘話。
そして、封印された最初で最後の愛の軌跡。
その謎が今解き明かされる・・・。

6代目ボンド役のダニエル・クレイブの
バハマの波打ち際から現れる見事な裸体!に赤面。
実年齢が私と1つ違いと聞いて、またまたびっくり!
ブロンドの俳優をボンドとして起用するのが初めてだそうで
透明で淡いブルーの瞳も歴代のボンドにはない魅力。
070527_1113~01

007シリーズは男臭いアクション系にカテゴライズされがちなのが、
この作品では美しい景観と洗練されたファッション、
女性に共鳴を呼ぶ悲恋なストーリーもあり・・・。
エヴァ・グリーンの何処までも深いオリエンタルな瞳に引き込まれ
ボンドならずとも誰もがその魅力に虜になってしまうほどに美しい。
ヌーヴェル・ボンドとしての格付けを保証された
作品になるのではないでしょうか?

オープニングクレジットのクラシカルとモダンが融合された
トランプのモチーフデザインもカッコイイですね~。

 2006.12.16 @109シネマズ 港北

007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)
(2007/05/23)
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ

商品詳細を見る


原題:Casino Royale

監督:マーティン・キャンベル 原作:イアン・フレミング
脚本:ニール・パーヴィス、ポール・ハギス

出演:ダニエル・クレイブ、エヴァ・グリーン

配給:ソニーピクチャーズ エンターテイメント 2006年/イギリス


** STORY **

英国謀報機関(MI6)から殺しのライセンス“00”ダブルオーに
昇格したジェームス・ボンド(ダニエル・クレイブ)。
Read more>>

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/12/16 16:00 】

イギリス映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ダーウィンの悪夢

ダーウィンの悪夢 デラックス版ダーウィンの悪夢 デラックス版
(2007/07/06)
フーベルト・ザウパー

商品詳細を見る


原題:Darwin's Nightmare

監修・構成・撮影:フーベルト・ザウパー
配給:ビターズ・エンド 2004年/フランス・オーストラリア・ベルギー 

★2006年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ノミネート

** 感想 **

知らない方が幸せなのか、
今まで知らなかったのが痛手なのか・・・。
この映画を観る前、
モンゴルのストリートチルドレンを救済するイベントに参加。
寒さを凌ぐために子供達が真っ暗なマンホールで
過ごしているのに涙したばかりだった。
更に悲惨な状況の子供がアフリカにはいた・・・。
6・7歳の子供が路上で眠りタバコやドラッグを吸う。
ゴミ山からゴミを集めて僅かな賃金にする。
女性は外国人相手の売春で生計を立てている。
魚研究所で夜営警備をする若者の賃金はたったの1ドル。
不法侵入者は、なんと毒矢で射止めるのである。
ナイルパーチで魚産業は潤っているはずなのに、
村の人々はこの魚を口にすることはない。
使い物にならない魚を捨てるゴミ山から、
骨にわずかな魚肉がついた腐った魚を奪い合う子供。
腐敗から出るアンモニアで片目を失明した老婆。
ドキュメンタリー始めに登場した売春婦の突然の死。
貧困には救済措置をしていると表向きな表明をする国家機関。

目に飛び込んでくる、あらゆる映像がリアル過ぎて絶句する。
なにより一番ショックなのは、このドキュメンタリーの主役
「ナイルパーチ」をファミリーレストランやファストフードで
「白身魚のフライ」として自分が口にしていたという事実。
日本から遠い国の出来事のはずが、実は知らずのうちに、
貧困な村から食を助けられていたのだということ。

5歳くらいの男の子が
「大きくなったらパイロットになりたい」と輝く瞳で答える。
父は「EUの子供はクリスマスにプレゼントを、
アフリカの子供は、銃を貰うのさ。」とインタヴューを締めくくる。
ダーウィン「進化論」の教え通り

“弱肉強食” “適者生存”なのでしょうか・・・。

 2006.12.14 @表参道アウラホール(試写会)

** STORY **

アフリカのヴィクトリア湖は多種多様な生物の宝庫ゆえ、
「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた。
しかし、その湖に誰かが生態系を乱す巨大な肉食外来魚
「ナイルパーチ」を放した。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/12/14 19:00 】

フランス映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。