ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

憑神

憑神憑神
(2007/12/07)
妻夫木聡; 香川照之; 西田敏行; 赤井英和; 江口洋介; 佐藤隆太; 夏木マリ; 森迫永依

商品詳細を見る


原作:浅田次郎
監督:降旗康男

出演:妻夫木聡、佐々木蔵之介
    佐藤隆太、西田敏行、江口洋介、笛木優子

配給:東映  2007年/日本

** 感想 **

最初から最後まで、とにかく面白い!
「人の不幸は密の味」と言うとおり。。
布袋様みたいな容姿の貧乏神。
どすこい相撲とりな疫病神。
ちびまる子ちゃんを演じた
森迫永依ちゃんの演じる死神の愛くるしいこと!!
妻夫木くんの妻役のユミンこと笛木優子さん。
韓国ドラマで大活躍している女優さんですが
映画初出演だそうで、しとやかな演技に好感♪
もっとも笑いを誘ったのが、
彦四郎を慕い傍にいる小紋吾(佐藤隆太)。
彦四郎に取り憑く悪霊を取り払おうと
霊媒師に変身するのですが、
それがまた可笑しくって、、涙を浮かべながら
大爆笑してしまいました。

生きてゆく永い人生において
楽しさや幸福より、苦しみや悲しみの方が
多いのかもしれない。
不幸な状況に置かれても
彦四郎のように何かを信じて、
前向きに生きれば
災い転じて福来たる
・・・かもしれませんね。

 2007.6.30 @ マイカルシネマ港北

** STORY **

貧しいながらも将軍の影武者を
代々勤めてきた別所家の次男
別所彦四郎(妻夫木聡)。
祈願すれば出世できるという“三国稲荷”。
ある日、一杯引っ掛け、ほろ酔い気分で
近所の草むらを散策していた彦四郎の
目の前に“三国稲荷”らしものが現れる。
Read more>>
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2007/06/30 14:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ハリーポッターと不死鳥の騎士団 ジャパンプレミア

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
ジャパンプレミアに行って来ました。
h1.jpg
★レッドカーペットの準備中 16時ごろ

イベント会場の六本木ヒルズアリーナに16時頃到着。
すでに会場内は黒山の人だかり!
約4年ぶりの来日となるハリーをひと目見ようという
ファンの思いが伝わってきます。
h5.jpg

ダンブルドア軍団の会員証を見せて
整理券を貰い、イベントを観覧できる会場内は
ブロックでエリアが分かれているので
自分が見たいエリアを受付で伝えます。
レッド・カーペットエリアは諦めて
ステージ正面Bブロックを指定。
Bブロック前から5列目を陣取れてラッキー♪
h4.jpg

19時20分頃
待ちに待ったハリーことダニエル・ラドクリフくんが
レッド・カーペットに登場!!
場内の熱気もヒートアップ!
ファンの声援に応え
丁寧にサインをして歩いています。

司会はハリー・ポッターのイベントではお馴染みの伊藤さとりさん。
日本からのセレヴも続々到着。深田恭子ちゃん、喰いタンに出演していた
金田一こと須賀健太くん、バレーボールの大林素子さん、
占いの鏡リュウジさん、元食いしん坊!辰巳琢郎さん
高見恭子さん親子、光kenji!諸星和巳さん
映画コメンテイターLiLiKoさん、海外ドラマに出演してる
キレイな女優さん(名前忘れました)・・・
レッド・カーペットをじっくり、ゆっくり歩きやっと正面ステージに。
h6.jpg
★制作のデビット・ヘイマンハリーとダニエル・ラドクリフ

制作のデビット・ヘイマンとダニエルくんは
魔法の煙で姿を現しました。間近でみるダニエルくんは
少年から青年に成長していてびっくり!
あの、あどけなかった11歳のハリー・ポッター。
シリーズを追うごとに彼らの成長を見守れるのも
楽しみの一つですね~なんかとても感動しました。
ちなみに私はロンのファンです・・・。
h8.jpg
★六本木ヒルズの夜空に魔法の光が!!

2007.6.28@六本木ヒルズアリーナ ジャパンプレミア・レッドカーペット

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

【 2007/06/28 18:30 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディションパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
(2007/12/05)
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ

商品詳細を見る


原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END

監督:ゴア・ヴァービンスキー
制作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:テッド・エリオット 音楽:ハンス・ジマー

出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム
    キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ

配給:ブエナビスタ・インターナショナル 2007年/アメリカ

** 感想 **

『呪われた海賊たち』

ジャックは何を考えているのだろう?
悪事を働く海賊なのか?と疑問ばかり。
ウィルはエリザベスを愛する純粋な青年で
まっすぐな瞳と忠誠心にクラクラ。
総督の娘らしく、まだ、お嬢様らしいエリザベス。

『デッドマンズ・チェスト』

ジャックの「なんだこりや!!」という
コミカルな容姿に圧巻され、コミカルな内容に
始終笑いっぱなし。
ウィルは父を救出するために
体に流れる海賊の野心の炎が沸いたち、
メキメキと男らしくなってゆく。
剣術使いもパワーアップして魅力的。
エリザベスはお嬢様から脱皮して
海賊の心(ジャック)さえも翻弄できる
逞しい女性に進化している。

『ワールド・エンド』

シリーズ3部作の最終話。
これで最後なのか。。と思うと
最後を知ってしまうのだ淋しくて
映画館は足を運ぶのも躊躇してしまう。

前作でエリザベスがジャックと
謎めいたキスをして。。
ウィルとジャックのどちらを愛しているの??と
恋のゆくえがとても気になる。
しかし、私の期待した“恋ばな”とは程遠く
「ワールド・エンド」は海賊の名誉にかけた
男たちの熱き戦い。
そんな中でもジャックはどこか飄々として
「呪われた海賊たち」からずっと変わらぬ物腰。
一番変わったのはウィルなのかな?
肌も浅黒くどこから見ても海賊?な容姿。
命をかけた戦いの結末からもそれが伺える。

映画を観る際に劇場スタッフに
「エンドロールが終っても
最後まで席を立たないで下さい。」と
念をおされた。
パイレーツシリーズは毎回
エンドロール後の映像に次回作のヒントが
隠されていましたよね。
今回は正直「えー!?」でしたが。。。

 2007.6.9 @ TOHOシネマズ ららぽーと横浜


** STORY **

“デイヴィ・ジョーンズの海の墓場”から
ジャック・スパロウを救出するために
エリザベス、バルボッサ、ティア・ダルマ、
そして、ウィルは“世界の果て
ワール・ドエンド”の航路を示す海図を
手に入れようとシンガポールへ向かう。

Read more>>

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画

【 2007/06/09 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

300 スリーハンドレッド プレミア試写会

試写会が上映される前に出演者の舞台挨拶が
あったのですが、ジェラルド・バトラーが
あまりにも外見と違う茶目っ気ぶりを発揮。
司会進行を妨げるほど(笑)に子供のような
悪ふざけと前方席にいた熱狂的なファンへの
フレンドリーな振る舞いに高感度アップ!
あの「オペラ座の怪人」とは思えぬ
生のジェリー(ジェラルド・バトラーの愛称)が
好きになりました。
しかし、『300』が上映されると絵画館裏テントに
設置された大型ビジョンからは精悍で男らしい
スパルタ王レオニダスが参上するのです。
img046.jpg

某衛星TVで『300』メイキングをやっていましたが、
壮絶で雄大な戦闘シーンが撮影所内で
青いカーテンの前で繰り広げられていたなんて
誰が想像するでしょう。
それくらいリアルさが伝わってきました。
フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを
忠実に再現しているところも見ものです。

スパルタとは何か?
学生の時に習った歴史を
今、また勉強したいと思いました。

2007.06.06 @聖徳記念絵画館 特設テント
ジャパンプレミア試写会

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)
(2007/09/26)
ジェラルド・バトラー.レナ・ヘディー .デイビッド・ウェナム.ドミニク・ウェスト.ビンセント・リーガン

商品詳細を見る


原題:300

監督・脚本:ザック・スナイダー 原作:フランク・ミラー
制作総指導:デボラ・スナイダー 

出演:ジェラルド・バトラー、レナ・へディー
    ディビッド・ウェナム

配給:ワーナー・ブラザース 2007年/アメリカ


** STORY **

・戦えない子供は谷底へ捨てろ

・7歳で母親と決別せよ

・空腹なら盗んで生き延びろ

・情けを捨てろ、痛みを隠せ

 恐怖を受け入れろ

・生き残った者だけが一人前の男になれる

服従はしない、退却はしない、降伏はしない
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/06/06 20:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

300 スリーハンドレッド レッドカーペット

『300スリーハンドレッド』
レッドカーペット&プレミア試写会に参加してきました。
300-3.jpg
★神宮の森にある絵画館がレッドカーペット会場に変身!!

初体験♪ハリウッドスタイルのレッドカーペット。
原作者のフランク・ミラー、監督のザック・スナイダー、
そしてスパルタ王のジェラルド・バトラーを乗せた
リムジンが会場に到着すると大歓声!
ゆっくりとレッドカーペットを歩き
マスコミのインタヴューに答えています。
300-5.jpg
★肉体を鍛え男前なジェラルド・バトラー

この間、レッドカーペットにいるファンは静かに
インタヴューを聞いていなければなりません。
インタヴュー&フォトセッションが終わると
色紙やポスターを持って待ち構えていたファンに
サインや一緒に写真を撮ったりとサービス精神旺盛!
300-1.jpg
サプライズだったのが絵画館の噴水が吹き上げると
なんと!水しぶきの中からスパルタ王が浮かび上がってきたのです!

レッドカーペットには『300』のキャスト&スタッフの他
岩崎良美さんや永井美奈子さん
フジテレビアナ(元?)茅野さんが来てました。

そしてレッドカーペットセレモニーが終わると
次は絵画館裏にあるテント!で舞台挨拶つき試写会。

2007.06.06 @聖徳記念絵画館 ジャパンプレミア・レッドカーペット

テーマ:300<スリーハンドレッド> - ジャンル:映画

【 2007/06/06 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。