ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

キングダム 見えざる敵

FBI捜査官リーダー(ジェイミー・F)
FBI法医学調査官(ジェニファー・G)
FBI爆発物専門家(クリス・C)
FBI情報分析官(ジェイソン・B)
img145.jpg
個性的な4人のスペシャリストとサウジアラビア国家警察
アル・ガージー大佐(アシュラフ・B)の国境を超えた
使命感と正義感に心を打たれた。
特に、アル・ガージー大佐にとって砂漠の王国(キングダム)は
家族も住む愛する国。アメリカの捜査に協力するということは
自国を裏切ってしまうも同然。
アル・ガージー大佐役Ashraf Barhomの愛惜漂う瞳と
存在感ある演技力に魅了。
これから注目される俳優さんではないでしょうか。

未来と可能性を秘める子供たちが拳銃を手に持つ。
テレビや映画で、その映像を目にするたび胸が痛みます。
日本で暮らしていると、今すぐとか、明日には、、とか
命や大切な家族を失う危機感など想像もつかないけれど、
世界のどこかの国では毎日が「喪失」と背中合わせ。
愛する人や家族と平和に生活する
ごくシンプルで当たり前のことの大切さ。
悲しい生活を強いられている世界の子供たちに
私が手を差し伸べられる事とはなんだろう。。。と
映画を観終わった後に考えてしまいます。

 2007.9.13 @よみうりホール(試写会)

img112.jpg
原題:THE KINGDOM

監督:ピーター・バーグ
製作:マイケル・マン

出演:ジェイミー・フォックス、クリス・クーパー
    ジェニファー・ガーナー

配給:UIP  2006年/アメリカ

** STORY **

サウジアラビアの首都リヤドの外国人居住区で
スポーツイベントが開催。
親子連れなど多くの人が集まる中、
突然、爆発が起きる。それは自爆テロだった。
Read more>>
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/09/13 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ミス・ポター

ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ)ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ)
(2008/02/08)
レニー・ゼルウィガー.ユアン・マクレガー.エミリー・ワトソン.ビル・パターソン.バーバラ・フリン

商品詳細を見る

原題:MISS POTTER

監督:クリス・ヌーナン 脚本:リチャード・モルトビー.J.

出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン

配給:角川映画 2006年/アメリカ・イギリス


** 感想 **

ピーター・ラビットの英語版が家にあります。
なにげなく目にしていたピーター・ラビットをはじめとする
仲間たちのアヒル、キツネ、ハリネズミ、カエルetc...
ビアトリクスの半生を描いたこの「ミス・ポター」を観ると
小さくて可愛い動物たちの誕生秘話を知ることができます。

都市計画のために豊かな自然を破壊し
農民から畑仕事を奪う事業主。
土地を買い上げ自然を守っていこうとする
当時の英国では珍しいであろう、
たくましいビアトリクスの勇気ある行動に感動。
可愛らしい絵を描いていただけではなかったのですね。

私も幼い頃、自宅で飼っていたオカメインコやハムスター、
捕まえてきた昆虫類をスケッチブックに描いていました。
将来の選択に迫られた時期、そんな幼い頃を思い出して
絵を描くデザイナーの専門学校に進んだのです。
ビアトリクスの半生とちょっと似ていたので共感しながら
スクリーンを観ていました。

いつかスケッチブックを持って
湖水地方に訪れてみたいなぁ。。
どこからかピーター・ラビットが現れて
美しい自然の道案内をしてくれるかもしれませんね。

 2007.9.5 @六本木オリベホール 試写会

** STORY **

1902年、英国は階級社会。
ビアトリクスは少女時代から毎年、夏期休暇で
訪れる湖水地方の別荘がお気に入り。
草原をかけ抜ける兎や小動物のスケッチをして
物語を創作していくのが何よりも楽しく、
いつか絵本を出したいと夢を抱いていた。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/09/05 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ミルコのひかり

img069.jpg


監督・脚本・プロデューサー:クリスティアーノ・ボルトー

出演:ルカ・カブリオッティ、バオロ・サッサネリ、マルコ・コッチ

配給:シネカノン 2005年/イタリア

★2006年サン・パウロ国際映画祭観客賞受賞
★2007年モントリオール国際児童映画祭グランプリ受賞

** 感想 **

イタリア映画のサウンド・デザイナーとして
一線で活躍するミルコ・メンカッチの実話。
ミルコ役を演じたルカがとっても愛くるしい!
彼がジョージ・クルーニに似ていると思うのは
私だけかな。。
ミルコと同じ盲学校の親友フェリーチェ役の
男の子は本当に目が見えないけれど
子役とは言えないくらいの貫禄ある?演技力。
ミルコを温かく見守る盲学校の教師
ジュリオ神父役のバオロ・サッサネリは
この映画の脚本を手がけているのですよね。

ミルコがテープレコーダーに自分の声を録音するシーン。
昔、私も友達と一緒にラジカセに声や歌を録音して
自分の声がこんな変な声なのか!!と驚いた
懐かしい幼い頃を思い出しました。

イタリアの陽気な大地の香りがする映像と感動のストーリー。
古くは「ひまわり」、近年では「ニュー・シネマ・パラダイス」で
イタリア映画に魅了した、あの感動が蘇ってきます。

日常生活にちょっぴり、お疲れ気味な方は
純粋無垢な少年・少女たちのキラキラと輝く
宝石のような瞳できっと癒されます。

オフィシャルサイト
http://mirco-hikari.com/

 2007.9.2 @TOKYO FMホール  試写会

** STORY **

イタリア・トスカーナの田園に住む10歳のミルコ少年。
ある日、自宅で不慮の事故により両目の視力を失ってしまう。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/09/02 19:00 】

イタリア映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。