ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

レッドクリフ

三つの国の志
語り継がれていく武士伝説

  魏
蜀  呉

三角関係
トライアングルゾーンは
シンプルなのに深遠

昔も今も
何かが起こるプレリュード

「三国志」
中国の伝説?
史実は知らない
予習もしていかなかった。
まったく知らない方が
「何か」「誰か」の色に染まらず
先入観もなく
ただ、ジョン・ウーが描いた
ストーリーに入れると思ったから。

↑映像・音楽をアレンジしてオリジナル予告篇作っちゃいました↑

はじめは次々と出てくる登場人物の
名前を読むことだけでも大変!
漢字のわが国、日本人なのに
あらためて、近年、漢字の羅列に縁遠くなった気がして
自分自身が軽いショック状態。
繰り返し登場する人物名に慣れると
俄然面白くなりストーリーにグングン引き込まれていく。

映画宣伝に「製作費○○億円」とメディアは取りあげるけど、
製作費をかければ確かに見た目は絢爛豪華。
華やかさが映画の水準とみなす感性の人は満足するだろう。
お金が幾らかかっていようと、いまいと
人の心を動かし感動することって「その人となり」が
身近に感じられた時なんだと思う。
孔
周小
ジョン・ウー監督は「三国志」を映画化するまでに
18年構想していたと話していた。
そして、史実を忠実に再現するのみではなく
その時代に生きた曹操、周楡、孫権、劉備、孔明の
年齢に近い俳優陣をキャスティングして
個々の人物描写に力を入れたともいっていた。
だからジョン・ウーは既存の「三国志」を映画化したのではなく
「レッドクリフ」を完成させたのである。

「三国志」をWebで検索すると
登場人物の誰が好きだとか賛否両論。
私は「レッドクリフ」に登場する
全ての男たちが魅力的で輝かしく思えました。
誰かのために命をささげ、
目に見えない未来に光を見出し
一致団結して隣の人と手を取り合っての
生活や戦なんて現在では
考えられないでしょうし。。
曹孫
尚梢
赤壁の戦いがあったのは1800年前。
その時代に生きていたなら。。
私はどんな位置づけにいたのでしょう?
女ではなく男に生まれて馬にまたがり
大地を駆け巡り、剣を振り翳し
人間臭さにドップリ浸かって
人生の終焉を迎えるのも悪くないかな。。と
エンドロールが終わり
「レッドクリフⅡ」の予告を見終わった後
妄想・・にふけりながら家路に向かいました。

「三国志」は
三つの国=人の志なんです。

2008.11.4 @渋東シネタワー

redcliff_wp2_s.jpg
監督:ジョン・ウー 製作:テレンス・チャン
CAST:トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー
    チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジョン
    中村獅堂(特別出演) リン・チーリン
2008年/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国 配給:東宝東和
red095.jpg
「レッドクリフⅡ」来春が待ち遠しいです。。

◆外伝◆
わたしの脳内って!!

映画「レッドクリフ」

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2008/11/14 10:00 】

中国  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。