ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ハリーポッターと謎のプリンス *ジャパンプレミア

楽しみに待っていたハリー・ポッター最新作♪
しかし、永くに続いたストーリーの終焉も近づいている。
見たいような見たくないような複雑な心境。
原作の字面では知っている内容でも
映像や俳優たちの実写で見るそれとは、やっぱり違います!
090706_1602~01[1]
ジャパンプレミアの招待状が届き、ウキウキしていたけれど、
今回は次回作(最終章)の撮影のため、出演者の登壇はなくガッカリ。
上映前にハリー役のダニエル・ラドクリフからメッセージ映像が流れました。
090706_2147~01[1]
本作はシリーズ6作目。心身ともに成長した彼らは
魔法を学びながら恋のステップも踏む、お年頃に成長したんですね!
mg113_20090930114918.jpg
宿敵ヴェルデモート卿に翻弄されながらも
ハリー、ロン、ハーマイオニーが繰り広げる
それぞれの『恋話』がなんとも微笑ましい。
mg111.jpg
シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』では
魔法学校に入学したてで、演技も初々しく、
あどけない仕草が可愛いかったことを思い出します。
ドラコ・マルフォイなんて、ずいぶん貫禄が出ちゃって・・。
mg112.jpg
最終章は2年越しで公開予定だそうで・・。
またしても、見たいような見たくないような・・・
『本当にもう終わりなの?』と
作者のJKローリングにお尋ねしたいです(笑)
mg110.jpg
原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince
監督:デビッド・イェーツ 原作:J・K・ローリング
脚本:スティーブ・クローブズ
2009年アメリカ映画 配給:ワーナー・ブラザース
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2009/07/06 19:00 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。