ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

カイジ~人生逆転ゲーム~

“勝ち組”と“負け組み”

人生の勝ち負けとは
どんな基準なのでしょうね?
d0057574_22462241.jpg
『ようこそ負け組みの皆さま』と
気になる副題がついたこの映画。
テレビやパソコンのゲームではなく
“エスポワール号”という客船に乗ると
“限定ジャンケン”“鉄骨渡り”“Eカード”など
ゲームに勝ち進んで行けば
大金を手にできるというギャンブラーな世界が待っている。
d0057574_22441230.jpg
藤原竜也さん演じる主人公カイジは
借金349万円も抱えちゃってるだけでも
人生終わったような感があるのに、
更に賭けごとで勝負をつけてしまっていいのでしょうか?
d0057574_22465671.jpg
まるで自分がゲームに参加しているみたいに
ハラハラ、ドキドキ
地下帝国という厳しく怖~い社会があったり。。
キャスト陣それぞれの個性と演技力に吸い込まれてしまいます。
315x210.jpg
監督:佐藤東弥 原作:福本伸行 脚本:大森美香
出演:藤原竜也 天海祐希 香川照之 山本太郎
   マツヤマケンイチ 松尾スズキ
配給:東宝 2009年 

 @ららぽーと横浜
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【 2009/11/07 17:00 】

日本映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。