ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『借りぐらしのアリエッティ』&『ジブリの本棚』DVD&ブルーレイ発売記念トークショー

『借りぐらしのアリエッティ』&『ジブリの本棚』
DVD&ブルーレイ発売記念トークショー

児童文学作家の中川李枝子さんと
たけしのTVタックルなどで有名なキャスター
阿川佐和子さんのトークショーに参加して来ました。
場所は表参道にあるスパイラルホール。

DSC_0634.jpg

読売新聞社さんの招待状が届いたときからウキウキ♪
子供の頃からずっと好きだった
絵本『ぐりとぐら』や、幼稚園の本棚には
必ずあった『いやいやえん』。
あまりにも著名なお方なので、お目にかかれるなんて夢みたい!
わが家の書庫にも中川さんの絵本はたくさんあります。
『ぐりとぐら』のかわいい絵を書いているのは、
妹さんの山脇百合子さんですね。
独特なタッチが可愛いです

DSC_0641.jpg
中川先生の絵本コレクション♪

第1部は、
読売新聞社の方が司会進行役。
中川さんと阿川さん、それぞれが思い出のある
岩波書店の児童書についてのトーク。
舞台のセットは『ジブリの本棚』をイメージして
宮崎駿監督が400冊の中から選んだ
50冊の一部を本棚に陳列。
木のぬくもりが感じられる素敵なセットでした

司会の方も言われてましたが、
絵本は有名ですが、先生ご本人を
メディアでお見かけしたことないので、
どんな方なのか想像できなかったのですが。。
お目にかかってお話を聞いてみると、
子供が大好きで大人やんちゃ!?な感じで、
いつまでも子供の目線や感性でいられる方。
中川さんのお話で、大人になって忘れてしまっていた
子供の頃の感覚が舞い戻ってきた気分。

mg747.jpg

中川さんが好きだとおっしゃっていた
『ドリトル先生』
小学校の図書室にあって唯一好きな本だったような。。
実は私、子供の頃、本を読むのが大嫌いだった。
ご飯と寝る以外は、外で木登りをしたり、
秘密基地?で探検をしたりと、、
家にいることがほとんどなかった子供だったから。。
その点は阿川さんと一緒!。
阿川さんの父上は小説家の阿川弘之氏ですね。
なのに、阿川さん、本がお嫌いだったようで^^;
私は、デザインの学校に通っている時に、
絵本デザイナーもいいなぁと思い、
色んな本を読み漁ったのがキッカケ。

このイベントで新たな発見ができたことは、
宮崎駿さんが中川さんの絵本に
多大なる影響を受けてきたこと。
とくに『いやいやえん』だそうです。
私は知らなかったのですが、
あの有名な『となりのトトロ』の
主題歌『さんぽ』は、宮崎さんが中川さんに
お願いして作詞をして頂いたそうです。

第2部は、
BS日テレ開局10周年記念特別番組
『ジブリの本棚』の再編集版の上映会
阿川さんが宮崎駿さんのアトリエに訪問。
アトリエめっちゃ可愛いくて素敵
動物や“まっくろくろすけ”が棲んでいそうですよね♪
宮崎駿ワールドの原点は、
児童文学へのこだわりから
生まれてきたのだと納得できる内容。

mg746.jpg

『くまのプーさん』や『ミッフィー』の
翻訳家:石井桃子さんについてや、
『赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道』の
高畑勲監督のお話も興味深かったです。

あっという間に時間が経ち
イベントは終了。
最後に、偶然お近くにいらした
中川さんに握手をして貰えたのです
も~大感激で泣きそうになってしまいました。
とっても温かい手で、この手から珠玉の
作品たちが生まれたのかと思うと
なんとも幸せな気持ちになりました。

なんとなく中途半端になっていた
編集の仕事への意欲や書くことへの気持ち。
中川先生!にラブ注入をして頂いたので、
もうちょっと、頑張ってみようかな。。と
思えた一日でした。

mg745.jpg

『借りぐらしのアリエッティ』&『ジブリの本棚』DVD&ブルーレイ発売記念
トークショー&上映会
@表参道スパイラルホール 2011.5.30  



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/05/30 23:52 】

未分類  |

パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉-3D

永遠の命があれば..
何をするのだろう..

p7.jpg

ジャック・スパロウ
お帰り~♪
unp432.jpgunp44.jpg

『パイレーツ・オブ・カリビアン』
-生命の泉-
untp66.jpg

3D上映で観に行って来ました。
メガネは100円で買うんですね。
次回の3D映画に持参すれば
100円引きだそうですよ。
来月公開の『ハリーポッター』に使えます♪

2011_05_26.jpg

パイレーツが始まる前の
予告映画にオーランド・ブルームの
『三銃士』が流れた~
パイレーツを蹴ってまで
この映画に出たかったんだよね??
あ~、でもパイレーツを見終わると
ここにオーリーがいれば!!と。。
第5作品でカムバックして~と哀願

****

監督がゴア・ヴァービンスキーから
ロブ・マーシャルに交代しました。
やはり、監督のカラーが出てますよね。
『パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉-』は
全体的に映像のトーンが暗くって
3D効果っていうのが、いま一歩のような。。

p8.jpg

大好きなジャック・スパロウの
珍道中やアクションシーンが少ない。。
p44.jpg
untip99.jpg
ファンとしては、ちょっと物足りない
ジャックの『あんなこと!』や『こんなこと!』を
前回3作品から引き継いで欲しいかったかな~

p5.jpg

女海賊アンジェリカ役のペネロペ・クルスは
可愛すぎる海賊
unp87.jpgunp99.jpg

ジャックと2ショットになると
『顔近すぎじゃね?』と一人突っ込み
後半でジャックの手が3D効果で
アップになるシーンがあるのですが、
1番のお気に入りでドキドキ

p9.jpg

全体的なダークトーンのなかに
柑橘系の果物をひと搾りしたような
フレッシュな刺激は、
人魚シレーナ役のアストリッド・ベルジュ=フリスベと
宣教師フィリップ役のサム・クラフリンのシーン。
この二人のシーンだけ古代ギリシャとかに
タイムスリップしちゃったような。。綺麗な映像

up00.jpg

バルボッサ船長やギブス航海士
そして、猿のジャックが健在なのが
パイレーツマニアには嬉しい
第5作品への匂いがする!

untip45.jpgpp55.jpg

なぜか、、日本人俳優の松崎悠希さんや
ジャックの父テーグ役のキース・リチャーズの
存在をすっかり見逃したわたくし。。
皆さまは、お見逃しのないように!!

mg743.jpg

そうそう
パイレーツシリーズ全作品を観ている方は
ご存知かと思いますが。。
監督が変わっても、エンドロール後の
エピローグ映像がありますので
くれぐれも途中で帰らないように

余談ですが、
アメリカのボックスオフィスによると
今回の3Dは売上が思ったより少ないらしく、
2Dで観るアメリカ人が多い様子。
不況の時代、娯楽を楽しみたくても、
プラスアルファの金額は、
市民にとって厳しいのかも知れないですね。
3D宣伝が足りなかったという見解もあり、
間もなく公開される
『トランスフォーマーダーク・サイド・ムーン』は
3D宣伝にも力を入れているようですね。
予告編も凄く迫力ある3Dでした。

mg741.jpg
原題:Pirates of the Caribbean-On Stranger Tides
監督:ロブ・マーシャル 製作:ジェリー・ブラッカイマー

出演:ジョニー・デップ ペネロペ・クルス
   イアン・マクシェーン ジェフリー・ラッシュ
   アストリッド・ベルジェ=フリスベ サム・クラフリン

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 2011年/アメリカ

 TOHOシネマズ川崎



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2011/05/26 16:29 】

アメリカ映画  |

マイ・バック・ページ *プレミア試写会

学生から社会に飛び立ったとき
どれくらいの苦難に立ち向かえばいいのだろう。。
DSC_0578.jpg

今日はユナイテッド・シネマ豊洲に
『マイ・バック・ページ』
プレミア試写会に参加してきました。

日本で1番大きなスクリーンで観ました
上映時間は141分とタップリあり、ノンフィクションです!

開映前には出演者の
妻夫木 聡さん、松山 ケンイチさん、中村 蒼さん、
忽那 汐里さん、韓 英恵さん、石橋 杏奈さん
監督の山下 敦弘さんが登壇。
妻夫木さんって話が上手で面白い方ですね~
○×の調査をみんなでやったのですが、
盛り上がりました!妻夫木さんメインで^^
中村 蒼さん、けっこう好きなんですが
思ったより背が高くて声が低くて
Coolな物腰が想像と違っていて驚きました!
九州男子らしく、男は泣かないんだそう。
見かけとのギャップがGoodです^^

DSC_0581.jpg

新聞記者VS革命家のストーリーというので
かなり興味がある内容でした。
私は新聞社に勤めていたことがあり、
革命家や三島由紀夫も好き。。なので、
ずいぶん共通点もあります。
1970年代を熱くした学生運動。
当時、私も大学生だったらと、思ったこともあります。
何かに対して滾る思いがあることって
とても魅力的に感じるからです。

mg739.jpg 

学生時代は自己の思考や思想で
大概のことは通用したり、
OKだと本人は思い込んでいることが多い。
しかし、本当は周りの大人達が、
カバー&ケアをしてくれているのに
気がついていないだけ。
一人前とは、やっぱり社会人になって
人や社会、組織に磨耗されてからなのだと。。

mg740.jpg

社会人として一歩を踏み出してみると
自分がどれ程の無力であるか、
社会に対して1%の存在価値すらもないのではないかと
どん底に突き落とされた経験のある人も多いと思います。
どんなに純粋な思いがあったとしても、
大人社会のダークな部分を知ってしまった時、
立ち止まり、未来が遠くに見えてしまう。

mg738.jpg

私も新聞社や出版社で執筆をしている時、
“ペンは剣より強し”ということばを
身をもって体感しました。
自分が書いた記事ひとつで、
下手をすれば相手や対象物の生命を
断ち切ってしまう可能性だってあるのです。
記者はやりがいはあるけれど、怖いとも思いました。

DSC_0575.jpg

“理想”または“思想”と“現実”
駆け出しの頃を忘れてしまっている
哀しい大人たちの社会組織。
最初はそんな社会に反抗していても、
そのうちに慣れて、その環境も当たり前。
組織に属するって
何なのでしょうね。。。
正等だけでは生きていけない現実社会。
この映画を見終わった後も
考えてしまいます、、、
特に、エンディングを見ると。。

DSC_0576.jpg

だから、私はたまに社会から逃避するんです。。爆

mg737.jpg
原作:川本三郎「マイ・バック・ページ」
監督:山下敦弘 脚本:向井康介

出演:妻夫木聡 松山ケンイチ 中村蒼
忽那汐里 韓英恵 石橋杏奈

主題歌:「My Back Pages」真心ブラザーズ+奥田民生

配給:アスミック・エース 2011年/日本

DSC_0580.jpg
 プレミア試写会 @ユナイテッド・シネマ豊洲 / TOKYO FM


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2011/05/20 00:34 】

日本映画  |

ブラック・スワン

『ブラック・スワン』
観終わっての
第一声は。。

『女は女が嫌い。。』

bbb.jpg

映画『ブラック・スワン』を観て来ました。
私の住まいには
大雨警報も発令中だったので
映画館は空いているかな?と思っていたら、、
けっこう混んでいました。

アカデミー賞受賞式の
ナタリー・ポートマンは妊婦さん。
『LEON』では、あどけなく可愛い少女だったのに
いつの間にか素敵な女性に成長していたのですね。

b7777.jpg

この役のために。
このバレリーナーになるために
生まれてきたみたい。
白鳥の衣装オデットがよく似合っていました。

b444.jpg

バレエ『白鳥の湖』の舞台でいうと
第3幕でしょうか。。
黒鳥オディールの登場。
劇場内にも、どこからか、
スーッと冷気が流れ込み。。
雰囲気も一変、、

美。。
完璧。。
愛。。

女性にとっては、
どれも不可欠なものかもしれません。
それだけに、
ひとすじの糸がいったん絡むと
縺れに縺れて。。
切らない限り
絡み合ったまま。

男性には永遠に判りえない

女に生まれたが故の苦しみ。

リアルすぎて
センセーショナル

印象的だった言葉は

『自分の道をふさぐ者は自分』

b888.jpg
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス
2010年/アメリカ 配給:20世紀フォックス映画

mg734.jpg
↑前売り鑑賞券についてきたストラップ♪
ナタリーのチュチュがちょうど
黒鳥の羽になってるんですね

TOHOシネマズ川崎



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

【 2011/05/12 19:50 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。