ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black&White Episode1』ジャパンプレミア

映画『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black&White Episode1』
ジャパンプレミアに参加してきました。

舞台挨拶には監督の蔡岳勳(ツァイ・ユエシュン)、
主演のマーク・チャオ、日本人俳優DEAN FUJIOKA、
日本語吹替えシュー・ダーフーを担当した寺脇康文さんが登壇。
この日、お仕事の都合で来れなくなってしまった
中尾明慶さんはウー・インションの声を担当。

hwchannel_20120823_0801_0-enlarge.jpg
※画像は楽天さんからお借りしました。


大好きな台湾ドラマ「流星花園-花より男子」の監督に
(長年ドラマのファン)会えたので超感動
もちろん、ドラマ「ブラック&ホワイト-痞子英雄 」は
BDに保存して何度も見ていたお気に入りのドラマ。
主演のマーク・チャオさんに会えたのも嬉しかったです
映画では角刈りだったのに舞台挨拶では
髪も!ヒゲも!生えていて、ちょっとワイルドっぽい意外性にドキッ^^
和風な顔立ちは日本の時代劇にも合いそう。
寺脇さんが登場すると場内に歓声が!「相棒」ファンの方達かな?

343157_001.jpg

実は、ドラマ「ブラック&ホワイト」に出演していた
ヴィック・チョウさんの大ファン。
なので、ドラマが映画化されると聞いて楽しみにしていたのですが、
なんと映画にヴィックは出演していなくって激しくショック。
では、映画版でのヴィックの代わりは誰?と思っていたら、
中国で人気のコメディアン兼俳優のホァン・ボーさん。

160072_3.jpg

ヴィックのファン心理としては悶々としながらの試写スタート。
映画はドラマとは異なるストーリー仕立て(一部重複)。
海港市<ハーバー・シティ>南署の刑事
ウー・インション(マーク・チャオ)の相棒は、
ダークな組織三連会の構成員シュー・ダーフー(ホァン・ボー)。
ドラマにはなかったコメディぽさは新鮮で面白かったです。

大量破壊兵器の密売を巡り、国家、警察、SIS情報局が
複雑に絡み合うクライムアクション。
地上カーチェイスから空のハイジャックまで。
目くるめく壮大な銃撃戦に目が回りそう。。
舞台挨拶でマーク・チャオさんは
ノンスタントで演技したとおっしゃっていて驚き!
そんな中で紅二点は、
三連会の会長の娘役Angelababyと、
シューの恋人役のテリー・クァン。
アクションだらけの男臭さの中に一瞬の清涼剤

343157_004.jpg

ドラマ「ブラック&ホワイト」のエンディング曲
「Perfect Stranger/ピックス&ジェイソン・チョウ」が
そのまま映画に使われていて、この曲カッコイイですよね
ウーが勤める南署のメンバーも、
ドラマと同じ顔ぶれだったのは和みました。

あと、個人的趣味!?ですが
悪役男子にイケメンがたくさん
代わる代わる登場する俳優さんに
「あ!好みのタイプ」と大騒ぎ

343157_005.jpg

映画が終了しても、ずっと謎だった
どこかで見たことのある人(レオン・ダイ)は、
一緒に試写をしたジェリーファンの友達に
「白色巨塔-ホスピタル」の医師役と教えてもらい納得
なるほど!蔡ファミリーなのですね。


映画が初めてでも楽しめるし、
興味があったらドラマ「ブラック&ホワイト」を
見てから劇場に足を運んでみると
より一層、関心が高まると思います。

映画のタイトルに“Black&White Episode1”
と、あるので2があるということですよね?
次回作では是非、
ヴィック・チョウを復活させて欲しいです。
banner240_80.jpg


(小声で..)
帰宅後すぐ、ドラマ「ブラック&ホワイト」の
ヴィックを再生確認してしまったほどですから。。
(ごめんなさい)

9.8〔SAT〕ロードショー
T0014777q.jpg
英題:BLACK & WHITE EPISODE1:THE DAWN OF ASSAULT

監督・脚本・製作: ツァイ・ユエシュン
出演:マーク・チャオ ホァン・ボー DEAN FUJIOKA アンジェラベイビー

配給:東映 製作国:台湾/2012年








2012.8.22 ジャパンプレミア(チャンネルNECO)@銀座TOEI1














にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/08/22 23:53 】

中国  |

『最強のふたり』トークショーつき特別試写会

境界線上に並ぶ
性差、国、宗教、人種。。

それらを意識することが
差別につながり

心を無にすれば
地球上に生活する人々に
なんの隔たりもないのかもしれない。。

そう、
この映画の主人公ドリスのように、、

25_20120823115139.jpg


映画『最強のふたり』
トークショーつき特別試写会に参加してきました。
ゲストは綾戸智恵さんと泉谷しげるさん。

綾戸さんはお母様の介護を
ずっとされているのは有名ですよね。
劇中で流れるニーナ・シモン「Feeling Good」を
アカペラでサラッと歌った綾戸さん!
歌声がジャジーでソウルフル

二人の毒舌すぎる&映画のネタばれ
スレスレトークに(トークショーは開映前)
司会者の方もタジタジ。

暴走する会話の中にも泉谷さんは
お孫さんにメロメロのようで、
ちょっと可愛いお祖父ちゃんの一面が見れましたョ。

saikyou120821_01.jpg
※写真はSo-netさんからお借りしました。


フランス映画独特の(ワタシは好きですが、、)
“重々しさ”とか、
“結局、何が言いたかったのだろう?”的な要素が
この映画にはまったくないのです。
そして、実話。↓ご本人たちの写真!

20120723164748_01_88_20120823155911.jpg

病気がテーマの映画はシンミリしがちですが、
悲しみとか稀有に思うことが健常者と障がい者の方を隔てた
差別になるのではないか?と考えてしまいます。
本人が望まない限り、あえて格差をつける必要ないのですよね。

m0000000686_sub4_large.jpg

主人公ドリス(オマール・シー)は、
お金と家族を養うためにフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の
介護を始めるのですが。。
首から下が麻痺して動かないフィリップに対して、
同情するでもなく思うままに普通に接する。
フィリップはお金もあるので周りからは
いつでも良くしてもらい“かわいそうで特別な人”扱い。

20120816111617_00_400.jpg

音楽の趣味、生活、年齢、肌の色も異なり、
共通点なんて何もないけれど、
いつの日か心が近くに寄り添ってくるのは、
その人自身の根底にある人間性なのかもしれません。
はじめから色眼鏡をかけて
人や物事を判断するのは心が狭いですよね。

m0000000686_sub3_large.jpg

ドリス推しのアース・ウインド&ファイヤーと
フィリップが好きなショパンのノクターンが
劇中のように交互に流れる人生。
それもまた刺激的な“C'est la vie!”

映画の中でオマール自身が描いた絵画に
1万1000ユーロのお値段がついたそうです!

生きていると思いがけなく
本意ではないことにぶつかります。
哀しいことの記憶の方が鮮明になりがちですが、
辛いことの谷間にある、ささやかだけれども
しあわせな“笑”が
光輝いてくるのだと思います。



9/1(土)ロードショー
T0011571q.jpg

原題:ntouchables
監督・脚本:エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ

出演:フランソワ・クリュゼ オマール・シー 
   オドレイ・フルーロ
   アンヌ・ル・ニ


配給:ギャガ 製作国:フランス/2011年






2012.8.23 特別試写会(GAGA) @浜離宮小ホール





















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/08/20 23:46 】

フランス映画  |

舞台挨拶つき『るろうに剣心』プレミア試写会

剣に生き
剣に死ぬ

Live by the sword,
die by the sword.

341516_001.jpg


映画『るろうに剣心』

舞台挨拶つきプレミア試写会に参加してきました。
登壇者の方たちは、

大友啓史監督、
佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、
田中偉登、江口洋介、香川照之さん。

ruroken_premier_main.jpg
※画像はシネマトリビューンさんからお借りしました。


特別ゲストにフェンシング銀メダリスト太田選手!
太田選手は漫画のファンで剣が取り持つ縁。
ロンドンオリンピックでメダルを取った時に
使用した剣を渡すと健くんのテンションUP!

佐藤健さんの目ぢからにクラクラ
蒼井優さんにお目にかかれるのも貴重ですよね。
武井咲さんは、TVで見るより更に可愛かったです♪


『るろうに剣心』
ずいぶん昔からある漫画ですが、
一度も読んだこともアニメを見たこともなかったのです。
なので、まったく先入観なしで素直に映画が楽しめました!

341516_004.jpg


一人の流浪人のものがたり。
“流浪”って何か良い響き。
決して世捨て人ではない。

“人斬り抜刀斎”という名で
幕末の影なる必殺者。
過去の呪縛に囚われながらも
普段はナチュラルな癒し系。

ひとたび剣を手にすれば
その輝きたる瞳と技のギャップに
心を奪われ剣術に魅了されてしまう。


o0750050012133908446_20120818124536.jpg

緋村剣心こと佐藤健さんの剣さばきに惚れボレ。
前にも書きましたが、剣とか弓とか、
古代人!?の武器が似合う男性ってステキ。
特に“逆刃刀-さかばとう-”と言われる
人を斬れない剣を鞘に納める姿に胸キュン死


俳優陣は個性派ぞろい!
金にモノを言わすイヤラシイ実業家:観柳が
この人以外にいないでしょ!と言うくらい
ハマリ役な香川照之さん。
堅気が似合う元新鮮組の組長役の江口洋介さん。
ミステリアスな狼:鵜堂刃衛役の吉川晃司さん。
体育会系?相楽佐之助役の青木崇高さん。
そして、舞台挨拶に参加されていなかった
綾野剛さんの存在感ある役柄。。

341516_006.jpg

武井咲さん演じる神谷薫は清廉なのに、
父親の道場を受け継ぐ男勝りさがいいですね。
高荷恵役の蒼井優さんは時代背景にマッチした
妖艶さが、とっても魅力的。女郎が似合いそう。


明治時代。
激動する世の中に
善と悪が濁流する。


“不殺-ころさず-の誓い”
今より遥かに
金銭、物質的に貧しいのだけれど、
日本らしき“人情”という言葉が
一番似合う時代だったかもしれません。

341516_003.jpg

あー、
この時代(幕末あたり)に生まれ
もし、男子だったら剣を扱ってみたいなぁ。
そう、前世占いでワタシは“騎士”
やはり、先祖の血が騒ぐのかなぁ。。


剣心の「…でござる」
って、言葉遣いが可愛い
なんだか、とても新鮮!

女性に対して「○○殿」って言うのも。
ふふっ、言われてみたい。。(妄想中)


8月25日(土)ロードショー
T0010720p.jpg
監督・脚本:大友啓史
原作:和月伸宏  脚本:藤井清美  音楽: 佐藤直紀

出演:佐藤健 武井咲 吉川晃司 蒼井優 青木崇高 綾野剛 須藤元気
   田中偉登 奥田瑛二 江口洋介 香川照之

配給:ワーナー・ブラザース映画 製作国:日本 /2012年



2012.8.15 舞台挨拶つきプレミア試写会(109シネマズ) @東京国際フォーラム


















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/08/15 23:34 】

日本映画  |

デンジャラス・ラン

善と偽善と悪のハザマ
それぞれを繋ぐヒューミント
(人間による情報収集)

インテリジェンス(諜報活動)は
すべて合理的と言えるのだろうか?

main_temp_large_20120802164559.jpg


映画『デンジャラス・ラン』
試写会に参加してきました。


32時間(ストーリー設定)すべての
デンゼル・ワシントンの演技が
シブイ。カッコ良すぎる

2407_d039_00220r_r_large.jpg

寡黙な悪者(?)がどこまでも似合う。
ダンディな大人の男は多くを語ってはイケナイ。
(と促されているような演技)
バイオレンス的で爆音なドンパチと
カーチェイスアクションに圧倒される中、
赤ワインのシャトー・ペトリュス/1972年の薫り、
グラスの中にだけ幸せを見つめる
フロスト(デンゼル・ワシントン)の姿が印象に残る。

sub_3_large.jpg


CIAをモチーフににした作品は、
これまでも数多く。。
誰もが知っているのは
『ミッション:インポッシブル』
トム・クルーズのような
さわやかさはこの映画には微塵もなく、
南アフリカが舞台のせいか、どこか土臭い感じ。

157155_1.jpg

デンゼル・ワシントン演じる
36カ国で指名手配の元CIA工作員
トビン・フロスト。
工作員としての価値も見出せない
新米CIAのマット(ライアン・レイノルズ)。
マットが今までの自分の評価を
上司に見直されるチャンスと思い、
襲撃のあった隠れ家からフロストを連れ
32時間もの逃亡劇が始まる。。

2407_d020_00122r_crop_r_large.jpg

フロストが持っている“何か”を追って
武装した何者かが執拗に追撃
いったい誰から追われ、
目的の最終地点はどこなのか?

2407_d007_00152r_r_large.jpg

善人と悪人
フロストの本心は?
誰が、何処までが真実なのか?
新米CIAマット目線で
最後まで錯綜しながら疾走。

2407_d065_00175rv2_r_large.jpg

VFXなしのカーチェイスや
ハンディカメラで撮影された
追撃追走シーンは
迫力と共にスピード感がありすぎて
目でスクリーンが追えない
スタントマンさんって素晴らしい!と圧巻。

この映画で
CIAのギョーカイ用語もお勉強できました
“客”とか“客室係”とか。。
原題『Safe House』はCIAが重要人を匿う場所=客室


9月7日(金)ロードショー
img034.jpg
原題:Safe House

監督:ダニエル・エスピノーサ 
製作:スコット・ステューバー 脚本:デビッド・グッゲンハイム

出演:デンゼル・ワシントン ライアン・レイノルズ
   ベラ・ファーミガ ブレンダン・グリーソン サム・シェパード


配給:東宝東和 製作国:アメリカ /2012年


2012.8.1 試写会(COCO) @よみうりホール


















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/08/01 23:38 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。