ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ブラック・スワン

『ブラック・スワン』
観終わっての
第一声は。。

『女は女が嫌い。。』

bbb.jpg

映画『ブラック・スワン』を観て来ました。
私の住まいには
大雨警報も発令中だったので
映画館は空いているかな?と思っていたら、、
けっこう混んでいました。

アカデミー賞受賞式の
ナタリー・ポートマンは妊婦さん。
『LEON』では、あどけなく可愛い少女だったのに
いつの間にか素敵な女性に成長していたのですね。

b7777.jpg

この役のために。
このバレリーナーになるために
生まれてきたみたい。
白鳥の衣装オデットがよく似合っていました。

b444.jpg

バレエ『白鳥の湖』の舞台でいうと
第3幕でしょうか。。
黒鳥オディールの登場。
劇場内にも、どこからか、
スーッと冷気が流れ込み。。
雰囲気も一変、、

美。。
完璧。。
愛。。

女性にとっては、
どれも不可欠なものかもしれません。
それだけに、
ひとすじの糸がいったん絡むと
縺れに縺れて。。
切らない限り
絡み合ったまま。

男性には永遠に判りえない

女に生まれたが故の苦しみ。

リアルすぎて
センセーショナル

印象的だった言葉は

『自分の道をふさぐ者は自分』

b888.jpg
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス
2010年/アメリカ 配給:20世紀フォックス映画

mg734.jpg
↑前売り鑑賞券についてきたストラップ♪
ナタリーのチュチュがちょうど
黒鳥の羽になってるんですね

TOHOシネマズ川崎



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

【 2011/05/12 19:50 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。