ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

アジョシ

誰かに
心を許す瞬間

それは、

言葉?態度?

それとも直感?

w5a.jpg

東映本社の試写室で
韓国映画『アジョシ』を観てきました。

主演のウォンビン
ずいぶん前から大好き
映画舞台挨拶を観に韓国まで行ったくらい。
この映画のために最近、来日してましたね。

日本は洋画の上映が他国より遅くて、もどかしい。
『アジョシ』は昨年、韓国で大ヒットした映画。
やっと観れる日が来た~!!

w3a.jpg

しかし、
韓国映画を1度でも観たことがある人なら
ご存知かもしれませんが、、
アクション映画とかホラー映画は要注意。
日本よりも描写が過激なので
特に女性の方で血とかグロテスクな描写が
苦手な人はキツイかもしれない。
この映画も、ちょっと、、
警戒しながらのスタート。


w6a.jpg

天才子役と呼ばれているソミ役のキム・セロン。
あどけない表情の中にも凛とした目の輝き。
子役といえども、立派な女優さんです。
ソミは劣悪な環境の中で育ちながらも
母を信頼して愛している、その姿が幼気で涙を誘う。

w4a.jpg

ウォンビン演じるテシクは、
孤独を自ら選び、謎が多い男。
ストーリは麻薬密売と臓器売買。
おそろしくダークな内容。
しかも、組織の要員は、なんと子供たち。
日本では、このようなブラックな内容は
ご法度映画で製作されませんよね。
子供たちに見せられない、、

mg836a.jpg

孤独なソミとテシク。
偶然ではなく必然のように
お互いの糸をたぐり寄せて近づいていく。
その糸は犯罪組織の薫りがするのに。。

mg835a.jpg

映画のタイトル『アジョシ』は
韓国語で“おじさん”
ソミにとってテシクは隣のおじさん。
血の繋がっていない
おじさんだけれども、
こんな眼差しで、こんな逞しい身体で
自分のことを守ってくれるなら。。
私もテシク、いや、ウォンビン!に
永遠に守って貰いたい。
たとえ犯罪者だったとしても。。

mg837a.jpg

韓国版のチラシ
カッコイイですね~
w2a.jpg

☆9/17(土) 全国ロードショーです☆

mg834a.jpg
原題:아저씨

監督・脚本:イ・ジョンボム
出演:ウォンビン キム・セロン

配給:東映 韓国映画 2010年


 2011.9.6 @東映本社 第一試写室(特別試写会)




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2011/09/07 00:45 】

韓国映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。