ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ゴーストライター

“心”でミステリーを咀嚼する

gost.jpg

映画は製作費の高額さや
素晴らしく粒ぞろえな俳優陣、
VFXやアクションの凄さなどで評価される。
しかも、「超話題作」と冠つきなのは
大概はマスコミが作ったキャッチ。
もちろん制作費に見合った
素晴らしい作品も多々あるけれど、、

g7.jpg

『ゴーストライター』は
あまり宣伝されてなかったようですが、、
大好きな心に残る映画のひとつ
『戦場のピアニスト』の監督
ロマン・ポランスキーの作品。
監督の作品だから観たかったのもあるけれど、
興味を惹かれたのは
なんと言ってもタイトルの
“ゴーストライター”
そう、私も編集の仕事をしていて
実はゴーストライターをしたことがあるからです。
ゴーストライターとは
書籍や脚本を本人の代わりに
編集または代筆原稿を書くこと。
ゴーストライターは
自分の名前を明かすことはないのです。

g6.jpg

この映画のストーリーは
元英国首相(ピアース・ブロスナン)の自叙伝を
リライト(編集)する仕事を依頼された
ユアン・マクレガー演じるゴーストライターが、
原稿の執筆が進むにつれて、元英国首相を取り巻く陰謀や
政治的スキャンダルやCIAなど、謎解きを進めていくうちに
自らも事件に巻き込まれていくサスペンス。

g8.jpg

しかし、
奇をてらった暴動やアクション
大どんでん返し劇などはなく
薄暗く、寂しく、美しい雨の降る
孤島でストーリーは淡々と展開。

g9.jpg

スクリーンに映るのは、ほとんどユアン。
彼の目線でミステリーを紐解いていくのです。
そこが、近年に観てきた映画と違うところ。
彼とスクリーンを観る自分が探偵になり
静かに距離を縮めてくる影の存在に
ドキドキするのです。

g2.jpgg3.jpg
g4.jpgg10.jpg

もうすぐ80歳を迎える
ロマン・ポランスキー監督。
歳を重ねてきたからできる
熟成された映像美とプロット。
英国VS米国の皮肉劇。
ラストシーンのなるほどな意味など^^。。

観終わってからも
回想してしまう映画。

劇中のアレクサンドル・デスプラの
音楽もよいです。。

gga.jpg
原題:THE GHOST WRITER

監督・脚本 ロマン・ポランスキー
原作・脚本 ロバート・ハリス

出演 ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン
   キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ
   トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン


配給:日活 フランス・ドイツ・イギリス合作映画 2010年




2011.9.14 @チネチッタ
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2011/09/14 23:49 】

イギリス映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。