ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

リンカーン弁護士

法曹界における

光と影

善と悪

真実は、、




sub2_large.jpg


『リンカーン弁護士』
試写会に参加してきました。

上映前、スペシャルゲストにカイヤさんと
国際弁護士の八代英輝氏のトークショー。

映画を観終わって思ったのが、
主人公の奥様役マリサ・トメイに
カイヤさんが似ていますよね~

映画のタイトル“リンカーン”と同じく
マシュー・マコノヒー演じる
ニックの弁護士事務所は
高級車“リンカーン”の後部座席

トークショーでの八代氏のお話によると、
アメリカでは事務所が車だったり、
珍しいのは電話BOXもありなのだとか!

sub3_large.jpg


法廷映画は、
容疑者X弁護人X検事X裁判員
そして、裁判長の掛け合いと
被害者の背景を咀嚼しながら観て、、

本当の真実を語っているのは誰なのか?
真相を紐解くキーマンたちを目利きして
私なりの推理も進めていく。

法における有罪⇔無罪
正しいはずであるべきことも
(判決は下されても)
真実とは限らない。

迫力があり、聴衆を引き込む
サスペンス法廷シーンに圧巻。
ひと時もスクリーンから目が離せません!

sub1_large_20120706180343.jpg

弁護士とは、
純粋に依頼人の潔白を
証明して弁護することなのか?

それとも、
自分の勝訴率だけを求めるのか?

はたまた
金さえあれば
有罪⇔無罪
どちらにでも
動かせるのか?


ちょい悪風な弁護士ニック。
彼の本心は
彼のみぞ知ることなのでしょうか?


映画を観終わった後も
頭がぐ~るぐる^^
アメリカの司法取引って何ー?
そんなのあり?と驚愕。

sub4_large.jpg


日本の法廷との違いを
見比べてみるのも勉強になります。
なぜなら、裁判員への招待状が
いつか届くかもしれないからです。


ニックへ弁護を依頼した
資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)
その母親メアリー(フランシス・フィッシャー)
検事デット(ジョシュ・ルーカス)、
私立探偵(ウイリアム・H・メイシー)など、
脇を固める役者さんたちも実力・個性派揃い

サイコチックなイケメン依頼人
ライアン・フィリップ。
美しい顔立ちは人生において
何でもお得なのか??


7/14(土)ロードショー
img027.jpg
原題:The Lincoln Lawyer

監督:ブラッド・ファーマン
原作:マイクル・コナリー 脚本:ジョン・ロマーノ

出演:マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ
   ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス
   ジョン・レグイザモ ウイリアム・H・メイシー
   フランシス・フィッシャー

配給:日活  製作国:アメリカ /2011年







2012.7.4 試写会(映画.com) @日本教育会館
















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/07/04 23:26 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。