ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

日本沈没

日本沈没 スタンダード・エディション日本沈没 スタンダード・エディション
(2007/01/19)
草ナギ剛、柴咲コウ 他

商品詳細を見る


原作:小松左京
監督:樋口真嗣
キャスト:草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、
      福田麻由子、國村隼、石坂浩二(特別出演)、
      豊川悦司、大地真央

配給:東宝 2006年/日本

** 感想 **

東宝が1973年当時で制作費5億円を投じ、
興行収入40億円を記録した「日本沈没」をリメイク。
制作費20億円をかけ、防衛庁や東京消防庁の
前面的な協力での映像は、今までの邦画では
見ることの出来ない壮大さがありました。
原作本も旧作映画も観ていませんが
思っていた以上の感動がありました。

潜水艇のパイロット役の草なぎ剛さんは、
真摯で男らしい役が似合っていて、
その後の結末には涙を誘いました。
ハイパーレスキュー隊役の柴崎コウさんは、
この映画のために実際に訓練されたそうで
身のこなしが綺麗で、子猫のような瞳が
キュートさを増していました。
ふだんは王子を語っている?
ミッチーこと及川光博さんが
家族を愛する素朴な役柄がなかなかの好演。

地殻変動により日本がXデーに
沈没してしまうというストーリーですが、
数十年前にこの映画を観ていたら
「フィクションだから!」で片付けてしまったでしょう。
私は災害の被害にあったことはありませんが、
ニュースで見た神戸の震災は事実であり、
この世の果てのような映像も
身近に起こるものなのだと
震撼したのも、まだ記憶に新しい・・・。
考えたくないけれど、起きて欲しくないけれど、
もし自分が災害に巻き込まれたら・・・。
大切な家族が犠牲になってしまったら・・・。
大切な人を残して、自分の命を捧げてまでも
他人を助けることが果たして自分はできるのか?
涙を流しながら考えてしまう映画です。

主題歌も良いですね♪

 2006.7.30 @109シネマズ港北
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/07/30 14:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。