ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

TIFF『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶つき

TIFF 第25回 東京国際映画祭
特別招待作品
『マリーアントワネットに別れをつげて』
舞台挨拶つき

チケットを頂いたので参加してきました。
上映前にブノワ・ジャコー監督、
レア・セドゥが登壇。
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
『ミッドナイト・イン・パリ』に出演してますね。

121022_marry_main.jpg
※写真はcinemacafe.netさんからお借りしました。

レアさん、ショートカットなので
映画の雰囲気と違ってビックリ。
映画の中では、もっと幼い顔立ちだったので。。
ブノワ監督はフランス語でジョークも交えて
難しい!?単語にフランス語の通訳さんも苦戦。
レアさんは日本がお気に入りのようで、
東京を散歩したいようなことを言ってました。

160553_1.jpg

私の中で興味深い史実No.1は
ブルボン王朝&フランス革命。
マリー・アントワネットや
周辺の人々の生活や政権。
調べ始めたらキリがなく、
知れば知るほど奥が深い。
都内で開催された同名の展覧会は
ほとんど足を運んでいると思う。。

今まで私が知らなかった、
ベルサイユ宮殿内でマリー・アントワネット
(ダイアン・クルーガー)に使える
朗読係の少女シドニー(レア・セドゥ)という人物。
王妃にもっとも近く、傍に寄り添う女性であり、
王妃の人柄すべて知る人。

160553_2.jpg

朗読係りの仕事は、
その日の王妃の気分を伺い、図書館から本を選び朗読。
劇中、身寄りのない少女シドニーの顔がすごく可愛くって!!
すっかりレア・セドゥのファン

この映画のストーリーは、シドニーの目を通して
かい間見れる秘密裏なベルサイユ宮殿の内部事情。
今もなお、人々を魅了させる“マリー・アントワネット”が
ルイ16世と結婚したのは14歳の時。
宮殿のパーティーでは華やかな容姿で輝いていますが
部屋では意外な一面もあり、、

160553_3.jpg

映画の撮影は本物のベルサイユ宮殿にて撮影。
絢爛豪華な宮殿と王妃たちの衣装や宝飾品。
まばゆいばかりの輝かしさが、後に
王妃の首を切ることになるのは誰もが知る史実。

そして、フランス革命と王妃の伝説で忘れてはならない、
もう一人のキーウーマンは、
ポリニャック伯爵夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)
映画のストーリーには、
おどろく結末が待っているのです。

160553_4.jpg


Love festered and it became a nun.

寵愛こうじて尼となす


人が人に下す言葉や態度は、
時にやさしく、時に残酷


愛する人を守るためには
手段を選ばない


盲愛(妄想する愛ともいう?)の
たどり着く先に
真実の愛が待っているのだろうか。。




12月15日(土)ロードショー
m1
監督:ブノワ・ジャコー 脚本:ジル・トーラン 
原作:ジャンタル・トマ「王妃に別れをつげて」

出演:レア・セドゥー ダイアン・クルーガー
ヴィルジニー・ルドワイヤン

配給:ギャガ 製作国:フランス、スペイン/2012年

2012.10.22 TIFF招待(GAGA)
@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
























にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/10/22 23:49 】

フランス映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。