ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション涙そうそう スタンダード・エディション
(2007/03/23)
妻夫木聡、長澤まさみ 他

商品詳細を見る


制作:八木康夫 監督:土井裕泰 脚本:吉田紀子 
音楽:千住明 主題歌:夏川りみ「涙そうそう」
出演:妻夫木聡 長澤まさみ 塚本高史 小泉今日子

配給:東宝 2006年/日本

** 感想 **

兄弟がいないので、妹思いの兄の存在がとても羨ましい。
親とは違う愛情を受け取ってみたい。
ぶっきらぼうなようで真摯、妹以上に感情を抱く演技が
とても素敵だった妻夫木くん。
長澤まさみちゃんの爽やかで風のような容姿と
したたかさを秘めた演技がぴったり似合ってました。

この映画を観終わる時、自分の大切な人への気持ちを
改めてみたくなるものです。

 2006.10.14 @109シネマズ港北

** STORY **

天高い空と青い海の沖縄。
飲食店を開く夢を持つ兄と高校生の瑞々しい妹。
2人が一緒に暮らしていくうちに兄をとりまく環境や
大学受験で心に変化が現れる妹。
それは兄から自立するための第一歩でもあり。
やがて仲の良い兄妹に運命のいたずらが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/10/14 14:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。