ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

出口のない海

出口のない海出口のない海
(2007/02/23)
市川海老蔵(11代目)、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る


原作:横山秀夫『出口のない海』 
脚本:山田洋次/冨川元文
監督:佐々部清 音楽:加羽沢美濃 
主題歌:竹内まりや「返信」  

出演:市川海老蔵 伊勢谷友介 
    上野樹里 古手川祐子 三浦友和

配給:松竹  2006年/日本

** 感想 **

未来や夢を断ち切り、行く先は「死」の世界。
「死=勝利」が美しい男の勲章なのか?
1940年代“回天”に乗り込む青年の心境。
戦(いくさ)はいつの時代も男たちにとって「美」なのか?
平和な時代で暮らす私にとって
戦に闘志を燃やす男性の心理(本能)は
永遠に踏み込めない境地(聖地)なのかもしれない。

 2006.10.19 @渋谷シネパレス

** STORY **

青春を謳歌する4人の青年たち。
日本が開発した秘密兵器“回天”は大量爆薬を積む一人乗りの戦艦。
脱出装置がなく敵艦に突撃して死する人間魚雷。
将来の夢、家族や恋人の愛を胸に抱きながらも、
戦争一色となる日本に翻弄され葛藤する若き勇者たち。
愛を選ぶのか、男としてのプライドを選ぶのか。
そして、結末は・・・?

スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2006/10/19 10:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。