ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔 (特別編)プラダを着た悪魔 (特別編)
(2007/04/18)
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ 他

商品詳細を見る


原題:THE DEVIL WEARS PRADA

原作:ローレン・ワイズバーガー著「プラダを着た悪魔」
監督:デヴィット・フランケル 脚本:アライン・ブロッシュ・マッケン

出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ

配給:20世紀フォックス 2006年/アメリカ

** 感想 **

私自身も編集部でアシスタント的な仕事をしてきたので
ヒロインに自分を重ねて観たり共感したり。

メリル・ストリープの円熟した女優オーラとミランダのカリスマ性が
マッチして迫力ある悪魔上司っぷり。
その一方、ダサいセンスからどんどん磨きあげてキラキラしていく
アンディ演じるアン・ハサウェイの可愛らしいこと!!
シャネル、エルメス、ドルガバ・・・と、
スクリーンで観るファッションショーにため息。。
どの服も、小物使いも目が離せません。

ミランダの悪魔の「おつかい」が気持ちよいくらいに意地悪(笑)。
現実ではありえない、羨ましくも過酷!?なシンデレラ・ストーリー。
業界特有?の自分に自身があり自分が一番!
他人を蹴落としてまでも地位や名誉が欲しいとか・・・。
私にも身に覚えがある数々の人間関係、人間模様。

社会に出て初めて体感する、仕事のスキルだけでは
頂点に上ることのできない周囲とのしがらみや矛盾性。
でも、悪魔と化したミランダにも子供思いのやさしさがあったり、
アンディの彼氏がまともな考えを持った青年だったり。
元気や希望をたくさん貰える映画。
そして、今自分が置かれている仕事でのポジションや
環境、大切な人、大切な何かを振り返り、見直すことができる。
アンディの意外な決断にホッと胸をなでおろして
試写会会場を後にしたのでした。

 2006.11.7 @新宿厚生年金ホール(試写会)

** STORY **

誰もが憧れる一流ファッション誌のカリスマ編集長ミランダの
アシスタントのポストを大学出たてのジャーナリスト志望だが、
素朴で垢抜けないヒロイン、アンディがラッキーにも射止めてしまう。
悪魔のような編集長に翻弄されながらも
入社時は超ダサかったファッションセンスも
一流なスタッフに感化されて、どんどん磨かれて・・・。
センスも仕事も一流に近づいて行けば行くほど、
昔からの友人や恋人は自分の元から離れてしまう。
華やかとされるファッション業界にも光と影が存在する。
悪魔と思っていた編集長ミランダにも悩みや不安があった。
最後に選ぶのは恋?それとも仕事?

ヴォーグ編集長のアシスタントを務めた経験のある
ローレン・ワイズバーガーの小説を映画化。
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/11/07 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。