ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ダーウィンの悪夢

ダーウィンの悪夢 デラックス版ダーウィンの悪夢 デラックス版
(2007/07/06)
フーベルト・ザウパー

商品詳細を見る


原題:Darwin's Nightmare

監修・構成・撮影:フーベルト・ザウパー
配給:ビターズ・エンド 2004年/フランス・オーストラリア・ベルギー 

★2006年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ノミネート

** 感想 **

知らない方が幸せなのか、
今まで知らなかったのが痛手なのか・・・。
この映画を観る前、
モンゴルのストリートチルドレンを救済するイベントに参加。
寒さを凌ぐために子供達が真っ暗なマンホールで
過ごしているのに涙したばかりだった。
更に悲惨な状況の子供がアフリカにはいた・・・。
6・7歳の子供が路上で眠りタバコやドラッグを吸う。
ゴミ山からゴミを集めて僅かな賃金にする。
女性は外国人相手の売春で生計を立てている。
魚研究所で夜営警備をする若者の賃金はたったの1ドル。
不法侵入者は、なんと毒矢で射止めるのである。
ナイルパーチで魚産業は潤っているはずなのに、
村の人々はこの魚を口にすることはない。
使い物にならない魚を捨てるゴミ山から、
骨にわずかな魚肉がついた腐った魚を奪い合う子供。
腐敗から出るアンモニアで片目を失明した老婆。
ドキュメンタリー始めに登場した売春婦の突然の死。
貧困には救済措置をしていると表向きな表明をする国家機関。

目に飛び込んでくる、あらゆる映像がリアル過ぎて絶句する。
なにより一番ショックなのは、このドキュメンタリーの主役
「ナイルパーチ」をファミリーレストランやファストフードで
「白身魚のフライ」として自分が口にしていたという事実。
日本から遠い国の出来事のはずが、実は知らずのうちに、
貧困な村から食を助けられていたのだということ。

5歳くらいの男の子が
「大きくなったらパイロットになりたい」と輝く瞳で答える。
父は「EUの子供はクリスマスにプレゼントを、
アフリカの子供は、銃を貰うのさ。」とインタヴューを締めくくる。
ダーウィン「進化論」の教え通り

“弱肉強食” “適者生存”なのでしょうか・・・。

 2006.12.14 @表参道アウラホール(試写会)

** STORY **

アフリカのヴィクトリア湖は多種多様な生物の宝庫ゆえ、
「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた。
しかし、その湖に誰かが生態系を乱す巨大な肉食外来魚
「ナイルパーチ」を放した。
繁殖力の強いナイルパーチは増殖して湖の生態系は破壊。
この魚を加工してEUや日本に輸出して魚産業は急成長。
その一方、町の人々は貧困に苦しみ、売春、エイズ、
ストリートチルドレン、ドラッグ・・・と、最悪の環境に陥る。
ナイルパーチをEUへ輸出する飛行機。
往路は内戦の戦火が上がるアフリカへの武器密輸、
復路にはナイルパーチを積んでいるという疑惑が・・・。

スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/12/14 19:00 】

フランス映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。