ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
(2007/06/22)
ポール・マクギガン

商品詳細を見る


原題:LUCKY NUMBER SLEVIN

監督:ポール・マクギガン

出演:ジョシュ・ハートネット、ボーガン・フリーマン
    ルーシー・リュー、ブルース・ウィルス

配給:アートポート  2006年/アメリカ

** 感想 **

殴り合い、銃撃戦の激しいクライム・サスペンス!
次から次へと目まぐるしい暴力シーン。
痛々しくて思わず目を覆いたくなってしまう。。
謎の人物グッド・キャット演じるブルース・ウィルスの
今まで見たことのない殺傷力のある目力と風貌、
モーガン・フリーマンが演じる品格あるボス。
クールなのかユーモラスなのか不思議な魅力を
醸し出しているジョシュ・ハートネット。
1970年代の洗練されたN.Y.を舞台にした
豪華キャストと意外なストーリーの終末が
見所の映画ですね~

 2006.12.27 @一ッ橋ホール(試写会)

** STORY **

不運続きの青年スレヴン(ジョシュ・ハートネット)は
空港ロビーに現れた車椅子の男
グッド・キャット(ブルース・ウィルス)が語る
「幸運のナンバー7」にまつわる陰謀を耳にする。
友人を頼りにN.Y.にやってきたスレブンは
敵対するギャングの抗争に巻き込まれ、
ギャングのボス(モーガン・フリーマン)から
暗殺を命じられ窮地に追い込まれていく。
アパート隣に住むリンジー(ルーシー・リュウ)との恋のゆくえ。
「幸運のナンバー7」から生まれた数々の謎。
ラストには隠された衝撃の真実。そして、グッド・キャットの正体・・・
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/12/27 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。