ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

子ぎつねへレン




原作:川田津実
音楽:西村由紀江
主題歌:レミオロメン『太陽の下』

出演:大沢たかお、松雪泰子、深澤嵐

配給:松竹 2005年/日本

** 感想 **

目と耳が不自由なヘレン(キタキツネ)を頑張って育てる
主人公の深澤嵐くんの演技に涙が止まりません。。
とても印象に残った言葉は、
病気のヘレンを育てることが辛くなり
涙を流してヘレンの顔に涙がこぼれてしまった時に、
「ヘレン、これは雨じゃなくて涙っていうんだよ。。」と
ヘレンの見えない目、聞こえない耳に語っているのです。

当たり前の日常を何不自由なく育っていると
気づかないことって沢山ありますよね。
子供の頃に感じた空の色とか
風や草花の匂いって
慌しく過ごす大人の日常では
いつの間にかどこかに葬られてしまったり・・
私も幼い頃は生き物が大好きで、
動物園の園長になろうと考えたこともあったし。笑
色々な動物や昆虫を拾ってきては育てたなぁ。。
家の外階段にコウモリを助けたこともあったなぁ・・・。

2006.2.27 @九段会館(試写会)
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/02/27 15:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。