ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ニューワールド

ニュー・ワールド コレクターズ・エディションニュー・ワールド コレクターズ・エディション
(2006/09/28)
コリン・ファレル、クリスチャン・ベール 他

商品詳細を見る


原題:The New World

脚本・監督:テレンス・マックス『シン・レッド・ライン』
音楽:ジェームズ・ホナー『タイタニック』

出演:コリン・ファレル『アレキサンダー』
    クリスチャン・ベール『バットマン・ビギンズ』
    クオリアンカ・キルヒャー

配給:松竹 2006年/アメリカ

** 感想 **

ゆったりと時が流れるような
美しい自然の映像にため息が出る。
小さい頃に自然と戯れたことを思い出し、癒される。
ジェームズ・ホナーが手がけるピアノの音色が
とても美しく切ない。
スクリーンから川面の煌きのまぶしさ、
大地にそよぐ草原の草の香り、
風が頬を凪ぐ爽やかさが匂いたってくるのです。
一瞬にして自分がその場所に導かれてしまう。
そして、恋も...。
スミスとロルフ
対極的な二人の男性どちらを選ぶか?
私なら...

辺見えみりさんのトークショー付
試写会に参加して来ました。
当日、えみりさんは結婚式前で
ひときわ美しく輝いていて羨ましかったです。

2006.4.19 @草月会館 (試写会)

** STORY **

17世紀初頭、新大陸アメリカの王の娘ポカホンタスは
開拓をしにイギリスから来たジョン・スミスと恋に堕ちる。
しかし...
許されぬ愛ゆえ二人の愛は燃えるが、
二人を取り巻く周囲では激しい紛争が巻き起こってしまう・・・。
愛しているのに別れてなくてはいけない。
そんな二人の間にイギリス紳士ジョン・ロルフが
傷ついたポカホンタスの心を癒しやがて愛へと変わっていく。
ロルフの愛を受け入れた時、
事故でなくなったと聞かされたスミスが生きていると知らされる・・・
2つの愛のはざまで苦悶するポカホンタス。
彼女が最後に選んだ幸せとは・・・?
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/04/19 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。