ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

憑神

憑神憑神
(2007/12/07)
妻夫木聡; 香川照之; 西田敏行; 赤井英和; 江口洋介; 佐藤隆太; 夏木マリ; 森迫永依

商品詳細を見る


原作:浅田次郎
監督:降旗康男

出演:妻夫木聡、佐々木蔵之介
    佐藤隆太、西田敏行、江口洋介、笛木優子

配給:東映  2007年/日本

** 感想 **

最初から最後まで、とにかく面白い!
「人の不幸は密の味」と言うとおり。。
布袋様みたいな容姿の貧乏神。
どすこい相撲とりな疫病神。
ちびまる子ちゃんを演じた
森迫永依ちゃんの演じる死神の愛くるしいこと!!
妻夫木くんの妻役のユミンこと笛木優子さん。
韓国ドラマで大活躍している女優さんですが
映画初出演だそうで、しとやかな演技に好感♪
もっとも笑いを誘ったのが、
彦四郎を慕い傍にいる小紋吾(佐藤隆太)。
彦四郎に取り憑く悪霊を取り払おうと
霊媒師に変身するのですが、
それがまた可笑しくって、、涙を浮かべながら
大爆笑してしまいました。

生きてゆく永い人生において
楽しさや幸福より、苦しみや悲しみの方が
多いのかもしれない。
不幸な状況に置かれても
彦四郎のように何かを信じて、
前向きに生きれば
災い転じて福来たる
・・・かもしれませんね。

 2007.6.30 @ マイカルシネマ港北

** STORY **

貧しいながらも将軍の影武者を
代々勤めてきた別所家の次男
別所彦四郎(妻夫木聡)。
祈願すれば出世できるという“三国稲荷”。
ある日、一杯引っ掛け、ほろ酔い気分で
近所の草むらを散策していた彦四郎の
目の前に“三国稲荷”らしものが現れる。
彦四郎は手を合わせ切実に祈願。
すると、どこからか神様が現れる。
しかし幸運の神様とは、どこか違う風貌。
問い詰めるとなんと“貧乏神(西田敏行)”
さらには彦四郎が“三国稲荷”と思い
手を合わせたのは、なんと“三巡稲荷”。
読んで字のごとく不幸が三度
巡って来るというのだから大変!
貧乏神→疫病神(赤井英和)→死神(森迫永依)
・・・と、最悪の人生の展開が
彦四郎を待ち受けている。

スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【 2007/06/30 14:00 】

日本映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。