ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)
(2007/11/21)
ダニエル・ラドクリフ

商品詳細を見る


原題:Harry Potter and the Order of the Phenix

原作:J.K.ローリング 監督:デイビット・イェーツ
制作:デイビット・ヘイマン

出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン
    ルパート・グリント、マイケル・ガンボン
    イメルダ・ストーントン、アラン・リックマン
    マギー・スミス、エマ・トンプソン
    ゲイリー・オールドマン、ケイティー・リューング

配給:ワーナーブラザーズ 2007年/アメリカ

** 感想 **

公開前から、かなり!ハリーのキスシーンが
話題になっていましたよね(笑)。
ハリー(ダニエルくん)初登場が11歳。
可愛かった少年からすっかり青年に成長して
恋をするのも当然ですよね~

不死鳥の騎士団の見所は、
誰もが子供から大人に成長する時に
一度は通り過ぎる青春の光と影。
大人なら青春時代を思い出し
「こんな事あったな。。」と懐かしく思い、
子供なら、ハリー、ロン、ハーマイオニーを通して、
大人への不満や不信感を共感できるのではないでしょうか。
しかし、大人に対する不満や不信感を拭い去るように
とっても感動したシーンがダンブルドア校長先生と
ヴォルデモートの大人の魔法対戦。
ハリー達がいくら外見的に大人に成長してもまだ未成年。
子供達を守るべきは大人達なのです。
ハリーの唯一の家族シリウス・ブラックもそのひとり。
シリウス・ブラック演じるゲイリー・オールドマンの
アクが強いのに人を惹きつける演技力に
すっかり魅了されてしまいました。
『不滅の恋』でのベートーヴェン役も似合ってましたが
シリウス・ブラックが魔法の杖を使う姿もカッコイイ~~

 2007.7.15 @マイカルシネマズ港北 先行上映

** STORY **

ホグワーツ魔法魔術学校5年生を迎えたハリーとその仲間たち。
ホグワーツ以外で魔法を使った罪に問われたり、
ヴェルデモートが復活したと嘘吹いているとハリーは人格を疑われ、
ホグワーツで孤独を感じている。
追い討ちをかける様に、闇の魔術に対する防衛術の新任教師に
ドローレス・アンブリッジが就任。
ピンクの服をまとったソフトな外見とは裏腹に、
ホグワーツを支配しようと魔法省の圧力をかけて行く。
耐え切れなくなったはハーマイオニーは
防衛術を学ぶ秘密結社“ダンブルドア軍団”を結成!
果たして、ホグワーツで起きた魔法戦争勃発に
八リーたちは勝つことが出来るのか?
スポンサーサイト

テーマ:ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - ジャンル:映画

【 2007/07/15 14:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。