ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ミルコのひかり

img069.jpg


監督・脚本・プロデューサー:クリスティアーノ・ボルトー

出演:ルカ・カブリオッティ、バオロ・サッサネリ、マルコ・コッチ

配給:シネカノン 2005年/イタリア

★2006年サン・パウロ国際映画祭観客賞受賞
★2007年モントリオール国際児童映画祭グランプリ受賞

** 感想 **

イタリア映画のサウンド・デザイナーとして
一線で活躍するミルコ・メンカッチの実話。
ミルコ役を演じたルカがとっても愛くるしい!
彼がジョージ・クルーニに似ていると思うのは
私だけかな。。
ミルコと同じ盲学校の親友フェリーチェ役の
男の子は本当に目が見えないけれど
子役とは言えないくらいの貫禄ある?演技力。
ミルコを温かく見守る盲学校の教師
ジュリオ神父役のバオロ・サッサネリは
この映画の脚本を手がけているのですよね。

ミルコがテープレコーダーに自分の声を録音するシーン。
昔、私も友達と一緒にラジカセに声や歌を録音して
自分の声がこんな変な声なのか!!と驚いた
懐かしい幼い頃を思い出しました。

イタリアの陽気な大地の香りがする映像と感動のストーリー。
古くは「ひまわり」、近年では「ニュー・シネマ・パラダイス」で
イタリア映画に魅了した、あの感動が蘇ってきます。

日常生活にちょっぴり、お疲れ気味な方は
純粋無垢な少年・少女たちのキラキラと輝く
宝石のような瞳できっと癒されます。

オフィシャルサイト
http://mirco-hikari.com/

 2007.9.2 @TOKYO FMホール  試写会

** STORY **

イタリア・トスカーナの田園に住む10歳のミルコ少年。
ある日、自宅で不慮の事故により両目の視力を失ってしまう。
全寮制の盲学校に転校するが校風に馴染めず孤独を感じ、
心を閉ざしていた時、学内でテープレコーダーを見つける。
ミルコは映画が大好きなので、見つけたテープレコーダーに
自分の趣くままに身近な道具を使い効果音を録音する。
しかし、厳しい全寮制の校長に見つかり退学に追われてしまう。
窮地に追い込まれたミルコにある人物たちが手を差し伸べる。
そして、小さくも偉大なる才能がやがて大きなカタチに。。

スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/09/02 19:00 】

イタリア映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。