ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ウェイトレス~おいしい人生のつくり方

超!!嫉妬深く無能?
ともいうべきロクデナシ夫アール(悪魔)。
ジェンナは自分の気持ち通りに、まるでマジックのように
次々と美味しそうで名案なパイを作り上げていく(天使)。
img140.jpg
「天使と悪魔」のような夫婦と、
ジェンナと同じダイナーで働く同僚たちの絡み合いが絶妙。
女性だけの職場にありがちな妬みや嫉妬。
お国が違っても悩みは一緒なのですね(笑)。

img139.jpg


暗中模索、波乱万丈なジェンナに共感。
女性は悩み多き乙女なんですよね!
そして甘いものも大好きなのが女性。
それにしても自分の心が反映するパイが作れるって凄いですね。
ジェンナを影、日向でずっと支えている
足ながおじさん的なダイナーのオーナーにホロリ(涙)。

img138.jpg

監督・脚本のエイドリアンは妊娠8ヶ月で脚本を書き、
パイのシーンでは200個以上もパイを焼いて、
ラストシーンには実際の娘さんも出演しているというこだわり。

スクリーンから焼きたてパイの香りが匂い立ちそうなおいしい映画。
空腹時に観るのは辛いかも・・・笑。

img137.jpg


2007.11.6 @スペース汐留 (試写会&マロンちゃんトークショー)


img121.jpg
原題:Waitress

監督・脚本:エイドリアン・シェリー

出演:ケリー・ラッセル、ネイサン・フィリオン

配給:20世紀フォックス映画 2007年/アメリカ

** STORY **

田舎街の小さなダイナーでウェイトレスをするジェンナ。
ジェンナは自分がたまに作るパイの美味しさに
人々を幸福にさせる力があると自覚。
ある日、パイ・コンテストに優勝して
嫉妬深い夫アールから逃げる作戦を企てる。
しかし...

予想外のジェンナの妊娠発覚。
挨拶の代わりに持参したパイで
産婦人科医とジェンナは恋に堕ちてしまう・・・。
結婚・妊娠・出産と女性が最もブルーになりがちな時期。
心揺れるジェンナの結末は・・・。
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2007/11/06 19:00 】

アメリカ映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。