ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ワールド・オブ・ライズ

うそ!ウソ?嘘!うそ?ウソ!嘘?うそ!ウソ?嘘!うそ?
crowe.gifdicaprio.giffarahani.gifstrong.gifaboutboul.gifsuliman.gif
CIA
アメリカ中央情報局

大統領の直轄組織らしいが
映画とかで、しかも何となく・・しか知らない。

“裏家業”と異名をもつ組織で働いている人達に
「信頼」や「真実」という言葉は効力を発するのだろうか?
180px-CIA_svg.png
word100.jpg
◆MISSION◆
世界を震撼させるテロ組織を牛耳るドンを
トリップにかけて捕獲すること!
BOL_wall07.jpg
「嘘」のプロフェッショナルなCIAなら
架空の人物になりすましたり
誰かに嘘をつくことなんて朝飯前。

しかし、作戦を遂行するのに阻まれるのは
テロリストの強豪さとかではなく
意外なこと・・
BOL_wall05.jpg

上司と部下の関係

「言うは易く、行うは難し」

自らの手を汚さず電話1本で人を駒のごとく動かす
CIA局員ホフマン(ラッセル・クロウ)。

CIAの工作員としてテロ組織周辺に潜入し、命をかけ
現場で過酷な業務を遂行するフェリス(レオナルド・ディカプリオ)。

上司が下した命令は理屈ではわかっていても
実際に仕事をする部下にとっては、あまりに理不尽なことって
私たちの身近な社会にもよくありますよね。
「現場をわかっていない上司にそんな命令されたくない!」っていう
部下の嘆きだったり親子関係だったり。
ラッセル・クロウ演じるホフマンがまさにそれで
「軽く苛っ!」としつつ上司と部下の関係って
「世界共通」なんだと共感していました(笑)。
シビアな組織CIAなのにね・・・
BOL_wall08.jpg
「嘘」から「嘘」へと目まぐるしく変化する頭脳明晰なプレイに
私の「脳力」はついていけず。。
もう何が何だかで・・「え?」だったり
銃撃戦の爆撃音に体が「ドキッ!」としたり
相手の瞳の奥を探り合いながらの「嘘」に
「あ~バレちゃうかも?」な「バクバク」感。
とにかくハラハラドキドキの連続で慌ただしい。
BOL_wall09.jpg
「ディパーテッド」以来、久しぶりにスクリーンでお目にかかれたレオ様。
この映画でレオ様の何がカッコイイかって、
それは、瓶ビールに直接唇をつけ男前に「ガーッ」と
飲む姿にホレボレ!!東洋人にはマネできないCool Guy♪
新鮮だったのがレオ様のイスラム人風コスプレ姿。
黒髪にイスラムの男たちが被る小さな白い帽子が
意外と似合っていたのにはビックリしました。

非常に残念だったのが、この試写会は当初
ジャパンプレミアでレオ様とリドリー・スコット監督が
登壇予定だったの中止になってしまったこと(大泣;
12/3PARISのプレミアには参加していたのに・・
レオ様における日本のポジションって・・
でも、試写会が始まる前にレオ様からビデオによる
スペシャルメッセージがあったので許しちゃいます♪

追記:ハニ・サラーム役のマーク・ストロング氏
お名前どおり、目ちからが強烈です。
彼の前では決して「嘘」はつけません!
これから注目の渋い俳優さんですね。

2008.12.4 @東京国際フォーラム(JAPAN SPECIAL SCREENING)
word099.jpg
原題:Body of Lies 原作:デイビッド・イグネイシアス

監督:リドリー:スコット 脚本:ウィリアム・モナハン
CAST:レオナルド・ディカプリオ ラッセル・クロウ
2008年/アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース
スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2008/12/03 19:00 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。