ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

極秘潜入レポ!市民ジャーナリストが語る『消されたヘッドライン』日米スクープ暴き合戦!

ワシントン・グローブ社日本支社ボス?から
市民ジャーナリスト(ブロガー記者)である私サンドに
映画『消されたヘッドライン
日米スクープ暴き合戦!緊急取材せよとの指令!

映画で登場するワシントン・グローブ新聞社
インターネット版若手記者デラ・フライ
IMG0043.jpg
(レイチェル・マクアダムス)になりきり?
愛用のデジイチ(Nikon D40X)持参でイザ出陣!

5/14 17:50 TFM会場着
入口でIDカード、PRESSシール、プレスシートをもらい、
IDカードを首からさげ、PRESSシールをペタンと腕に貼れば
どこから見ても外見はプロの記者さん。(…と勝手に思う)
しかし「あくまで市民ジャーナリスト(ブロガー記者)ですから・・」
的な目線で取材してきました。
5.jpg
*試写会&囲み取材会場@東京FMホール*

ワシントン・グローブ社スタッフの方に
本日のイベントの進行早見表を見ながら
案内された会場内の舞台ではすでに進行や
本日のゲスト<ザ・ニュースペーパー>さんの
立ち位置などの細かな説明が始まっていました。
3.jpg
*写真上:プレスシート、手前:PRESSのIDカード、右:進行早見表*
4.jpg
*PRESSシール*

私が案内された座席には
こんな紙が貼ってありました。
2.jpg
18:00~
カメラを取り出し撮影の練習をしていると
会場内に試写会を見る一般の方たちが入場。
ざわつく会場にチョッピリ緊張。
某テレビ局の取材クルーが
客席にインタビューを行っていました。
民主党代表選挙、鳩山氏岡田氏
どっちに1票いれますか?という内容ですかね?
6_20090515141918.jpg
18:30~
そして、ついに!アメリカから駆けつけた?
おばま大統領(松下アキラさん)
続いてアソウ総理(福本ヒデさん)が登場!
9.jpg
世論を騒がすタイムリーなキーワードに
トークが炸裂!今回も失言?してしまった
アソウ総理の口封じにと、豚インフル防衛アイテムの
マスク着用しかも“失言×マーク”に会場は爆笑の渦!
13.jpg
すると話題は時の人、小沢代表へ。
なんと!我がワシントン・グローブ新聞を
ブチ破りオザワ代表(竹内康明さん)が登場!
10.jpg
これには私の前に陣取っている
ホンモノのカメラマンさん達も大ウケ!
笑いつつもホンモノのカメラマンさんは
この瞬時のシャッターチャンスは逃がしません!
私はごらんの通り、笑いすぎてピントがブレブレ。
社に戻ったら編集長キャメロン・リン
(ヘレン・ミレン)に激怒されそうです。
IMG0034.jpg
オバマ、アソウ、オザワのトリオで並ぶと圧巻!
西松建設のことをアソウ総理に突っ込まれるも、
辞任して身軽な?オザワ代表はゆ~ったり口調で、
どこ吹く風といった感じ。
11.jpg
・・・と、そこへ、民主党代表選挙出馬で
忙しいであろうハトヤマユキオ氏も到着!
あれ??アソウ首相の姿がありませんが?
どこに行っちゃったんでしょうね。。
時折、気のせいか・・・
コイズミ元総理の神?いや天からの声が聞こえるんですけど。
おばま大統領の口元辺りから・・爆
12.jpg
そして、フィナーレを飾るにふさわしい
アメリカから超大物俳優の登場!
映画で敏腕記者カル・マカフリーを演じている
ラッセル・クロウ!
IMG0081.jpg
・・なわけもなく大物=ハリボテのカルを囲んで
業界用語で“フォトセッション”という
メディア向け撮影会開始。
“フォトセッション”はマスコミの人しか写真撮影は許されておらず、
幾度となく試写会会場でこういった光景を目にするたびに
羨ましく思っていたんですよね。
今日は自分が写真撮影を許されているということに
とても優越感がありました。
なんといってもワシントン・グローブ社日本支社
市民ジャーナリスト代表ですから!
15.jpg
フォトセッションはスチール撮影用に
前方のカメラに向かって右・中央・左と順番にポーズを決め、
カメラマンさんの「目線こちらに下さ~い!」という
声の方向にゲストが目線を向けていくのです。
それが終わるとムービー。テレビなどで使う動画の撮影。
こちらはゲストが手を振ったりアクションをつけたりして撮影。
さすが、お笑い魂!
ザ・ニュースペーパーの皆さんのトークが
楽しくって、アッという間に終了。
次は、場所を移動して囲み取材のため
スタッフの方が迎えに来てくれました。
囲み取材なんて!!ドキドキ
では行って来ま~す
会場は客電が落ち・・
映画『消されたヘッドライン』の上映開始です。

映画『消されたヘッドライン』ワシントン・グローブ社日本支社発 市民ジャーナリスト・サイトバナー


スポンサーサイト

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

【 2009/05/15 12:21 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。