ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

カールじいさんの空飛ぶ家

ジェリービーンズのようにカラフルで
ファンタジーあふれる写真に心を奪われました

gnj0905150502007-p4_20090517031854.jpg

gnj0905150502007-p3.jpg
写真の出処:SANSPO.COM

この写真は、第62回カンヌ国際映画祭
南仏ビーチでのオープニングセレモニー。

今年のオープニング上映作品は
カンヌ史上初の3Dアニメ。
ディズニーピクサーが手がける
『カールじいさんの空飛ぶ家-原題:UP』
監督:ピート・ドクター
CAST:エドワード・アズナ

2009.12公開予定

妻を亡くし、孤独な78歳の老人カールが
数千の風船を家に結んで空に舞い上がり、
8歳の少年ラッセルと共に夢をかなえる
冒険に旅立つお話だそうです。

映画は3Dアニメーションでメガネをかけて見るらしいです。
さすがファンタジーの巨匠ディズニーならではの
オープニングセレモニーの演出はパーフェクトですね。
こんな可愛いお家が空を飛んじゃうなんて!!



映画『消されたヘッドライン』ワシントン・グローブ社日本支社発 市民ジャーナリスト・サイトバナー

スポンサーサイト

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

【 2009/05/17 03:31 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。