ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

リンカーン弁護士

法曹界における

光と影

善と悪

真実は、、




sub2_large.jpg


『リンカーン弁護士』
試写会に参加してきました。

上映前、スペシャルゲストにカイヤさんと
国際弁護士の八代英輝氏のトークショー。

映画を観終わって思ったのが、
主人公の奥様役マリサ・トメイに
カイヤさんが似ていますよね~

映画のタイトル“リンカーン”と同じく
マシュー・マコノヒー演じる
ニックの弁護士事務所は
高級車“リンカーン”の後部座席

トークショーでの八代氏のお話によると、
アメリカでは事務所が車だったり、
珍しいのは電話BOXもありなのだとか!

sub3_large.jpg


法廷映画は、
容疑者X弁護人X検事X裁判員
そして、裁判長の掛け合いと
被害者の背景を咀嚼しながら観て、、

本当の真実を語っているのは誰なのか?
真相を紐解くキーマンたちを目利きして
私なりの推理も進めていく。

法における有罪⇔無罪
正しいはずであるべきことも
(判決は下されても)
真実とは限らない。

迫力があり、聴衆を引き込む
サスペンス法廷シーンに圧巻。
ひと時もスクリーンから目が離せません!

sub1_large_20120706180343.jpg

弁護士とは、
純粋に依頼人の潔白を
証明して弁護することなのか?

それとも、
自分の勝訴率だけを求めるのか?

はたまた
金さえあれば
有罪⇔無罪
どちらにでも
動かせるのか?


ちょい悪風な弁護士ニック。
彼の本心は
彼のみぞ知ることなのでしょうか?


映画を観終わった後も
頭がぐ~るぐる^^
アメリカの司法取引って何ー?
そんなのあり?と驚愕。

sub4_large.jpg


日本の法廷との違いを
見比べてみるのも勉強になります。
なぜなら、裁判員への招待状が
いつか届くかもしれないからです。


ニックへ弁護を依頼した
資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)
その母親メアリー(フランシス・フィッシャー)
検事デット(ジョシュ・ルーカス)、
私立探偵(ウイリアム・H・メイシー)など、
脇を固める役者さんたちも実力・個性派揃い

サイコチックなイケメン依頼人
ライアン・フィリップ。
美しい顔立ちは人生において
何でもお得なのか??


7/14(土)ロードショー
img027.jpg
原題:The Lincoln Lawyer

監督:ブラッド・ファーマン
原作:マイクル・コナリー 脚本:ジョン・ロマーノ

出演:マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ
   ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス
   ジョン・レグイザモ ウイリアム・H・メイシー
   フランシス・フィッシャー

配給:日活  製作国:アメリカ /2011年







2012.7.4 試写会(映画.com) @日本教育会館
















にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/07/04 23:26 】

アメリカ映画  |

それでも、愛してる

目に見えない“痛み”
感じとれない“苦しみ”


心と、こころは
そっと(ずっと)
寄り添っているはずなのに
はがゆい心のすれ違い

main_large.jpg



親として、
子供からみて、
兄弟だから。。とか
毎日一緒にいる家族にも
立場や感情があるもの。

家族それぞれが
眺める景色の見え方は
相思相愛ではないかもしれない。


sub1_large.jpg


東京独女スタイルさんから
http://www.dokujo.com/

招待をいただいて

映画『それでも、愛してる』
試写会に参加してきました。



上映の前に、
フリーアナウンサー、町亞聖さんの
トークショーがありました。
町さんは、お母様が、くも膜下出血で倒れられた
18歳の時から介護をされ、
その後、お父様が「うつ病」に。
明るく病気や介護に前向きに接してきた人柄に心を打たれ、
私も父を介護したので共感できました。


jodie_large.jpg

映画はジョディ・フォスターが
16年ぶりに監督を務めた作品。
製作年が2009年とあり??と思っていたら、
ハリウッドでお蔵入りになっていたとか、、
メル・ギブソンの演技をスクリーンで観るのも久しぶり。

映画のスチール写真を見たとき
「メルの隣にいる、ビ、ビーバーは何!?」と驚き。
この子はぬいぐるというより、パペット。

introduction_main_02.jpg

メル・ギブソン演じる、おもちゃ会社の社長
ウォルターが「うつ」状態になり、
医者にも行かずに寝ているばかりのある日、
ゴミ箱に捨てられていた<ビーバー>のぬいぐるみを
拾ってくるのですが。。

ウォルターの妻メレディス(ジョディ・フォスター)は
エンジニアの仕事をするキャリアウーマン。
息子は、多感な時期のポーターと愛くるしいヘンリー。

introduction_main_01.jpg


家族の中で“病人”が出たとき
看病して、支え続けながらも、
家族一人ひとりの立場とか想いはそれぞれ。
いつでも家族全員の気持ちが満場一致!
という日々ではないですよね。


introduction_main_03.jpg


マスコミを騒がせ俳優業が滞ってしまった
親友メルをキャスティングした真意。
「うつ」なウォルターとビーバーの関係性。
監督ジョディの目線やセンス、
女優ジョディのプライベートな友情。
作品から色々なメッセージを受け取ることができます。


ウォルターの心の描写は
メル自身、現在の苦悩とも思える迫真の演技。
パペットのビーバーが
リアルに見えてきたりします^^

342316view003.jpg


愛しているのに“存在”が
目障りに思ったりするときがあります。
どんなに嫌っても
血族を変えることはできない。
その場にいなくても
家族の“存在”は影法師のように
くっついてくるのです。。

6月23日(土)よりロードショーimg015.jpg
原題:The Beaver

監督:ジョディ・フォスター
脚本:カイル・キレン 製作:スティーブ・ゴリン

出演:メル・ギブソン ジョディ・フォスター
   アントン・イェルチン ジェニファー・ローレンス
ライリー・トーマス・スチュワート

配給:ツイン  製作国:アメリカ/2009年






2012.6.20 試写会(東京独女スタイル) @スペースFS汐留






にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/06/20 23:44 】

アメリカ映画  |

ワン・デイ 23年のラブストーリー

どちらかが相手のことを
好き過ぎてもダメ

お互いに恋愛感情が
全くないのも寂しすぎ

男女の友情の平行線は
いつまで続くのか?


“ベストフレンド”と
“恋人”の違いって?


お互いを一番に想う気持ちは
友達⇔恋人
カテゴライズする必要は
本当はないのかもしれない。



552722_307997139267403_273869536013497_790316_2003416597_n.jpg



映画『ワン・デイ23年のラブストーリー』
試写会に参加してきました!


1988年7月15日
エマ(アン・ハサウェイ)と
デクスター(ジム・スタージェス)が
大学の卒業式で出会ってから
23年間の“7月15日”の一日だけを追憶する
二人と二人を取り巻くお話。


1057.jpg



男女の友情は成り立つ?or成り立たない?
いつの時代も永遠のテーマ。


友情関係だと本音が言えて何でもさらけ出せる。
恋人には、本当の気持ちが言えない。
こんな経験はありませんか?

うーん、私も“好き”という感情に
自分で気づいてしまうと
なぜか反抗的!?に素直になれないのですよね。。


341932_007.jpg


学生時代や新社会人の頃は
自分の気持ちの思うままの行動が許され
とても輝き、誰にも邪魔をされない
恋愛黎明期。

しかし、社会の裏を垣間見る年齢に達すると
仕事や親など、本意ではない厳しい環境に
身を置かなければならない場合もあります。

a07e63142c82cad990392ed72be547a1.jpg


生まれ変わったら、ドラマのように
仕事を放棄して、周囲のシガラミを捨て!!
“恋愛だけ
“好きな人のことだけ”を思って
毎日過ごせたら、どんなに幸せだろうと。。
絵空事を妄想してしまうことがあります。


ジム・スタージェス(デクスター)の
恋愛遍歴!奔放!
やんちゃぶり!がとっても好感^^
イケメンだから許されるっていうのもありますね。

imgNews120528b.jpg


反対に、エマはとても現実的。
何歳になっても冷静なのに
アン・ハサウェイ(エマ)の笑顔がキュート
↑反則的なかわいさ



やっぱり、、
男と女では根本的に
感情や本能?が違う
生き物なのでしょうか^^?


341932_001.jpg



エマとデクスターの23年間に
わが人生の歩みを重ねて
笑ったり、泣いたり、共感したり。。


何気なく過ごしている
日々が
ある日、突然!
とっても大切で
運命の“ワン・デイ”に
なるかもしれません。



6.23 sat ロードショー
img008_20120614020045.jpg

原題:ONE DAY

監督:ロネ・シェルフィグ
原作・脚本:デイビッド・ニコルズ

出演:アン・ハサウェイ ジム・スタージェス
パトリシア・クラークソン ケン・ストット
ロモーラ・ガライ レイフ・スポール

配給:アスミック・エース 
製作国:アメリカ/2011年




 2012.6.12 特別試写会(読売新聞) @なかのZERO









にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/06/12 23:58 】

アメリカ映画  |

ファミリー・ツリー

仕事、恋人、生活。。
人生の中に
家族 {ファミリー} が
占める割合って
どれくらいでしょうか?


f1.jpg



あまりにも近くにいて
時より
鬱陶しくなる家族


誰にでも
仕事や対人関係など
いろいろな悩みがありますが
家庭内でなにか問題が起きると
意外と大変ですよね。
それは、他人は理解・解決ができない
ファミリーの領域だから。




日テレ 黄金週間試写会<その3>

ジョージ・クルーニー主演
『ファミリー・ツリー』を観てきました。


f4.jpg


ジョージ・クルーニーは、
ERの第1話からの大ファン!
こんなに子供と家族が似合う
良き父親を演じられる
ハリウッド・スターは他にいない!と
豪語できちゃいます。
女性・子供を見る目が優しい。

この映画では、
思春期の娘2人の
(長女アレックス:シャイリーン・ウッドリー)
反抗・素行に翻弄され、
愛妻は突然の事故という災難続き。
救いようのない不幸なのだけれども、
そこはジョージ・クルーニーの
持ち前の演技力で、狼狽する表情さえ
コミカルに感じられます。


f2.jpg


ジョージ・クルーニーが演じるマットは
ハワイ在住の弁護士。
おまけに先祖代々から受け継ぐ
カウアイ島の広大な土地も所有。
エリート街道な生活。
日本のお父さんにもありがちですが
家族のために一生懸命働いていたはずなのに、
妻や子供にとっての父親は
いつも仕事で家にいない存在。
あまりにも仕事まっしぐらだと
こんな目に遭います!と
世の奥方が忠告している映画かもしれません。
父親の居場所ってどこなのでしょうかね?


f3.jpg


反抗期なお年頃の時って
親に対して口癖のように
「ほっといて!」と
よく言ってましたっけ、私も^^;


血のつながりのある家族は
縁は切れないという保障があるから
日ごろ接する態度も気取ることなく、
心をストレートにし過ぎて
喧嘩になってしまうこともありますよね。
けっして親の人間性を嫌って
口ごたえをしている訳ではないのに。。

血は水より濃すぎるのですね!


f5.jpg


命は永遠ではないので、
空気化した身近にいる家族に
今一度、感謝の気持ちを伝え、
存在のありがたさを感じる
よい機会になりそうです。



縁があって
<ファミリー・ツリー>
家系に生を受けて
生まれてきたのですから。。




5/18(金)ロードショー
img003.jpg
原題:THE DESCENDANTS

監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン ナット・ファクソン
   ジム・ラッシュ


出演:ジョージ・クルーニー シャイリーン・ウッドリー
   アマラ・ミラー

配給:20世紀フォックス映画 製作国:アメリカ / 2011年






 2012.5.5 @日本テレビ 試写会






にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/05/05 23:53 】

アメリカ映画  |

幸せへのキセキ

涙は人によって
濃度や温度も違うのだろう

たいせつな人を失った
哀しみの深さや大きさは目にみえない

失ってもなお生き続けなければならないのも
哀しみのひとつかもしれない

それでも前に進まなければいけない
哀しみからのスタートを

“冒険”から始めたら

どんな人生が待っているのだろうか?



si1.jpg


日テレ 黄金週間試写会 <その2>

『幸せへのキセキ』に参加してきました。



この映画は英国コラムニスト
ベンジャミン・ミーが経験した実話
<幸せへのキセキ~動物園を買った家族の物語>が原作。


si4.jpg


マット・デイモン演じるベンジャミンは、
新聞社も自ら退職して、妻にも先立たれ、
反抗期の息子ディラン(コリン・フォード)と
おしゃまな娘ロージー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)
と共に新しく住む家を探すなか、
魅力的だが条件付の不動産と出会う。
その条件とは、なんと!閉園中の動物園の
動物たちの飼育と動物園の再建。


si3.jpg


広大な自然と動物たちに囲まれた生活。
母親を失った子供たちの心を癒すのには
理想的な環境と考え、ベンジャミンは
動物園つき!家を購入。

しかし、動物を飼育したこともない
ど素人には、当然ながら次から次へと
困難が待ち構えているのです。
そんな彼らを飼育係のスペシャリストな
ケリー(スカーレット・ヨハンソン)が
クールだけれど的確なアドバイスでサポート。
動物園は再び開園することができるのでしょうか?


si2.jpg


私の子供の頃の夢は
動物園の園長になること!

動物園つきの家が販売されていたら
ぜひとも購入したい!!(お金はないけど、、


si6.jpg


大切な人を失った哀しみを抱きながらの
新しいスタートは“冒険”を選んだ家族。


冒険の先には
亡き妻が残した素敵なプレゼントが。。


映画を観終わると
ほっこりと心が温かくなります。
小さなお子様と観てもよい映画。


マット・デイモンのイクメンぶりも
見どころ♪ちょっと体型が。。^^;
スカーレット・ヨハンソンの
美貌をあえて抑えた美貌が魅力的。

一緒に観た友人は、
『ナイトミュージアム』や『パイレーツ~』に
出演していた(同じ猿かな?)
ノドジロオマキザルの演技力!?が壺っていました^^

日本ではスーパー子役がブームですよね!
マット・デイモンの娘役ロージーちゃんも
すばらしい演技力ですよ~超カワイイ
息子ディランくんはイケメ~ン
将来がたのしみ、たのしみ♪


6月8日(金)ロードショー
img002.jpg
原題:We Bought a Zoo

原作:ベンジャミン・ミー
<幸せへのキセキ~動物園を買った家族の物語>

監督:キャメロン・クロウ

出演:マットデイモン スカーレット・ヨハンソン
     トーマス・ヘイデン・チャーチ パトリック・フジット
     エル・ファニング ジョン・マイケル・ヒギンズ


配給: 20世紀フォックス映画  製作国: アメリカ映画 / 2012年


 2012.5.5 @日本テレビ 試写会










にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2012/05/05 16:28 】

アメリカ映画  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。