ヌーヴェル・ヴァーグ独特の世界観は今もなお色褪せることはない。“ワタシ”というフィルターを通した試写会&Cinemaレヴュー

プロフィール

sandsachi

Author:sandsachi
新聞社でお仕事。

試写会を中心に
Cinemaレヴューを更新。

ゴダールの映画
“気狂いピエロ”の
アンナ・カリーナ。

フランソワ・トリュフォーの
落とし子と言われる
ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェル・ヴァーグな
世界に恋い焦がれ。。





にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

潜水服は蝶の夢を見る

右目を手で塞いでみて下さい。
左目だけの視野で何が見えますか?
この映画のカメラアングルは出演者ではなく、
風景でもなく、左目の目線・視野だけなのです。
初めは戸惑ってしまいますが、
だんだんジャン=ドゥー(マチュー・アマルリック)と
同じ目線でストーリーと対峙することが出来ます。
005.jpg

人が生きている証とは・・・
自分のカタチある姿。
言葉を発すること。
それともウチなる心、感性なのか。

フランス版ELLE誌の編集長だった
ジャン=ドミニク・ボビー(ジャン=ドゥー)が42歳の時に脳梗塞で倒れ
ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)という
耳慣れない病気にかかってしまう。
骨格筋が麻痺して自由が利かない体となり、
唯一、左目の瞬きだけが機能する。しかし意識は鮮明。
病気の原因は定かではないそうですが、
日本の3大死因とされている脳卒中のひとつ。
他人事とは思えない病気の1つです。
003.jpg
自由の利かない身体は潜水服を着たようだと表現する
ジャン=ドゥーは、さすが雑誌の編集長!と圧巻。
気が遠くなるような左目の瞬きで言葉のコミュニケーションを取る
懇親的な言語療法士アンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)に
プロフェッショナルを超えて深い人間性を感じました。
彼女が読み上げるアルファベットのイントネーションが
映画を観終わった後もずっと耳に残っているのです。
011.jpg

ジュリアン・シュナーベル監督はこの作品を
 「死と向き合うことができるようにあなたを助ける道具」と
インタヴューで答えています。
自分が自分の死を迎え入れるための教本となり
いつも傍にいる愛する家族と、やり直すことのできない“今”が
どんなにかけがえのないものかを再認識させてくれました。
失う前に大切にしたいですね。
辛くて悲しい闘病生活の中に、妄想や想像力で光を見出してゆく
ジャン=ドゥーの生命力にも勇気づけられました。

映画で使われている音楽が私好みで監督と趣味が合うかも☆
♪ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
♪「大人は判ってくれない」
♪「ロリータ」
♪ニーノ・ロータ
ヌーヴェル・ヴァーグ再来でしょうか!?
1-1.jpg


ありふれた会話やありふれた日常のくりかえし。

20万回の瞬きで綴られたジャン=ドゥーの自叙伝には
選び抜かれた一言一句がちりばめられていることでしょう。
そこには本当に伝えたい言葉=気持ちの宝石箱かもしれません。

*追記*
ジャン=ドゥー役にジョニー・デップ自ら監督に申し出ていたそうですね。
ジョニー・デップはどんな風に演じたのか観たかったなぁ。。
wallpaper01_1024.jpg
原題:Le Scaphandre et Papillon
原作:ジャン=ドミニク・ボビー
監督:ジュリアン・シュナーベル 脚本:ロナルド・ハーウッド

出演:マチュー・アマルリック エマニュエル・セニエ
    マリ=ジョゼ・クローズ アンヌ・コンシニ

2007年 フランス/アメリカ   配給:アスミック・エース・エンタティメント
 

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2008/03/08 18:30 】

フランス映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ダーウィンの悪夢

ダーウィンの悪夢 デラックス版ダーウィンの悪夢 デラックス版
(2007/07/06)
フーベルト・ザウパー

商品詳細を見る


原題:Darwin's Nightmare

監修・構成・撮影:フーベルト・ザウパー
配給:ビターズ・エンド 2004年/フランス・オーストラリア・ベルギー 

★2006年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ノミネート

** 感想 **

知らない方が幸せなのか、
今まで知らなかったのが痛手なのか・・・。
この映画を観る前、
モンゴルのストリートチルドレンを救済するイベントに参加。
寒さを凌ぐために子供達が真っ暗なマンホールで
過ごしているのに涙したばかりだった。
更に悲惨な状況の子供がアフリカにはいた・・・。
6・7歳の子供が路上で眠りタバコやドラッグを吸う。
ゴミ山からゴミを集めて僅かな賃金にする。
女性は外国人相手の売春で生計を立てている。
魚研究所で夜営警備をする若者の賃金はたったの1ドル。
不法侵入者は、なんと毒矢で射止めるのである。
ナイルパーチで魚産業は潤っているはずなのに、
村の人々はこの魚を口にすることはない。
使い物にならない魚を捨てるゴミ山から、
骨にわずかな魚肉がついた腐った魚を奪い合う子供。
腐敗から出るアンモニアで片目を失明した老婆。
ドキュメンタリー始めに登場した売春婦の突然の死。
貧困には救済措置をしていると表向きな表明をする国家機関。

目に飛び込んでくる、あらゆる映像がリアル過ぎて絶句する。
なにより一番ショックなのは、このドキュメンタリーの主役
「ナイルパーチ」をファミリーレストランやファストフードで
「白身魚のフライ」として自分が口にしていたという事実。
日本から遠い国の出来事のはずが、実は知らずのうちに、
貧困な村から食を助けられていたのだということ。

5歳くらいの男の子が
「大きくなったらパイロットになりたい」と輝く瞳で答える。
父は「EUの子供はクリスマスにプレゼントを、
アフリカの子供は、銃を貰うのさ。」とインタヴューを締めくくる。
ダーウィン「進化論」の教え通り

“弱肉強食” “適者生存”なのでしょうか・・・。

 2006.12.14 @表参道アウラホール(試写会)

** STORY **

アフリカのヴィクトリア湖は多種多様な生物の宝庫ゆえ、
「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた。
しかし、その湖に誰かが生態系を乱す巨大な肉食外来魚
「ナイルパーチ」を放した。
Read more>>

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【 2006/12/14 19:00 】

フランス映画  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。